タッキー社長、今のご時世ならクビになりそうな“若気の至り”の影響は…

タッキー社長、今のご時世ならクビになりそうな“若気の至り”の影響は…

画像はイメージです

 今年1月にジャニーズ傘下の新会社社長に就任し、ジャニーズJr.たちの売り出しに力を注ぐ滝沢秀明社長だが、先日、Jr.内のユニット・HiHi Jetsの橋本涼と作間龍斗に、年内いっぱいの芸能活動自粛処分を下した。

 今月上旬、インターネット上などで、橋本とみられる男性が女性と2人で寝ている写真や、作間とみられる男性が赤ら顔で寝ている写真などが流出。さらに、事情を知る女性がインターネットライブを配信し、2人が飲酒していたことを暴露していたため、処分を言い渡さざるを得なかった。

 「とはいえ、ほかのJr.たちからは『処分が甘すぎるのでは』と処分を不服とする声が挙がっていたようだ。6月には、同じJr.内ユニット・7MEN侍のメンバーだった五十嵐玲央が同じような不祥事で退所してしまっていたことも、Jr.たちが不満の声を挙げた理由のようだ」(テレビ局関係者)

 とはいえ、滝沢体制では不祥事を安易にスルーされないことをアピール。Jr.たちはいっそう気を引き締めることになりそうだが、滝沢社長の“若気の至り”を知れば、Jr.たちは仰天することになりそうだというのだ。

 「2002年1月 、一部週刊誌に当時まだ19歳でJr.時代の合コンでの泥酔写真を掲載されてしまったのです。当時の記事によると、滝沢社長は当時イケイケだった極楽とんぼ・山本圭壱に呼び出され、同席していた『軍団山本』のメンバーであるロンブーの田村淳、ココリコの遠藤章造、グラドルやセクシー女優らに煽られ飲みまくってしまったようです。今のご時世ならクビになっていてもおかしくないですが、ジャニー喜多川社長の“スペオキ”とあって、ジャニーズが山本らが所属した吉本興業に厳重抗議して、事態は収束したそうです」(週刊誌記者)

 その後、滝沢社長と軍団山本のメンバーが共演NGになったのは言うまでもない事実。おそらく、Jr.たちも共演NGに違いない。

関連記事(外部サイト)