学生時代はチャラかった? 菅田将暉、横浜流星らイケメン俳優の圧倒的モテエピソード

学生時代はチャラかった? 菅田将暉、横浜流星らイケメン俳優の圧倒的モテエピソード

菅田将暉

 今を時めく俳優は、学生時代からモテたことがほとんどだ。その伝説はメディアでも語られることがあり、ファンでも知られているエピソードが多数ある。

 役者活動はもちろん、歌手としても成功を収めている菅田将暉は、学生時代に“王子”とあだ名がつけられており、同級生はもちろん、上級生の女子生徒が教室まで菅田を見に来ていたという。休み時間に寝ていると、携帯電話のシャッター音で起きたという話は有名だ。

 映画『キングダム』や『斉木楠雄のΨ難』など、漫画実写化には欠かせない俳優・山崎賢人は、卒業式の時に制服のボタンはもちろん、カバンやブレザーなど、身に着けているモノをほとんど持っていかれたとのこと。

 一時期、福士蒼汰の学生時代の写真が流出し、話題になったことがあった。福士の周りに同級生らしき女子生徒が取り囲んでいるもので、「ハーレム状態」と報道されたが、ネットでは「負けた」「かっこよすぎてムカつく」といった声がほとんど。高スペックな彼にやっかむ人はいなかった。

 横浜流星は、極真空手の世界大会で優勝した経験があり、男らしいイメージがあるが、学生時代からモテており、雑誌『nicola』(新潮社)で同じモデルとして活動していた藤田ニコルは「もっとおチャラけてた気がする。クールぶってますよ」と今とは真逆のイメージであると語っていた。

 「2021年の大河ドラマ『青天を衝け』で渋沢栄一を演じる吉沢亮は、トーク番組にて、中学時代は『モテた』と発言。同級生の女子生徒の3分の1から告白されたことを明かしていました。このように、俳優が学生時代のモテエピソードを語る際、10年以上前なら謙遜するのが当たり前でしたが、今やそのやりとりも不毛。ネットから叩かれることも考慮して、モテた人は『人気があった』と宣言しているようです。しかし、あまりにもそのエピソードが浮世離れしているため、『盛っているのでは?』といったツッコミがあるのも事実。面倒な世の中になりましたね」(芸能ライター)

 ドラマや映画で活躍するイケメン俳優は、学生時代から女性を引き付ける魅力があったようだ。

関連記事(外部サイト)