『あさイチ』アナ企画に衝撃「わが子のおちんちんの悩み」 自分の年表も紹介し“トラウマになる”の声も

『あさイチ』アナ企画に衝撃「わが子のおちんちんの悩み」 自分の年表も紹介し“トラウマになる”の声も

博多大吉

 24日放送の『あさイチ』(NHK総合)でのある特集に反響が集まっている。

 この日、番組では同局の松岡忠幸アナが「持ち込み企画」として、「おちんちんに関する企画なんですけど」と紹介。「長男が生まれてから私自身、ずっと悩んでいたことなんですね。息子のおちんちんの皮を親が剥(む)いてやった方がいいのか……。実は同じ悩みを抱えているお母さん、たくさんいたんです」と、「赤ちゃんのおちんちんのケア」について学ぶ教室の様子を紹介した。

 教室を開く泌尿器科の医師によると、赤ちゃんの頃から剥くことで清潔になるといい、炎症予防にもつながるとのこと。また、教室に参加しているのはほとんどが母親だったが、その女性たちは「夫に相談しても分からないって言われる」などと悩みを吐露。また、道行く男性にインタビューしたところ、剥く派と、妻に任せる派に分かれていた。このVTRにゲスト出演していた森三中の大島美幸は「私も男の子の息子がいるんですけど、本当にこれいろいろ調べたり、男の子のいるお母さんに相談したりしてたんで、うれしいです。この情報」と息子を持つ母として企画に賛同。一方、MCの博多大吉は「正直、見てられないよね。痛すぎるよ」「剥ける前のアソコってめちゃくちゃ痛いから。我慢できないよ」と困惑した様子を見せていた。

 さらに松岡アナは、「幼いうちは剥かなくてもよい」「10歳くらいになると男性ホルモンが出て自然に剥ける」という泌尿器科医の意見も紹介。その後、松岡アナは「私のおちんちん年表」として、自身がいつ頃剥けるようになったかも紹介していた。

 この特集に視聴者からは、「斬新すぎるけど、めっちゃためになった」「ちゃんと専門家でも意見が分かれてるって紹介してくれてよかったな」「女親には未知の世界だから特集してくれてよかった」という声が集まっていたが、一方では「皮ってのは必要だからあるんでしょ」「物心ついてからもこんなこと母親にやられたらトラウマになりそう」「子供の頃の記憶って意外と覚えてるから、心に傷が残りそう」と、“剥く派”を批判する声も多く見受けられた。

 番組の中では大吉はひたすら「めっちゃ痛い」と、剥かれる子供の痛みを懸念しており、ネットからも「痛みが分からない女性が剥くことが心配」「痛みでトラウマになりそう」という声も寄せられていた。番組では、「専門家の間でも意見が割れていますので、お母さん方も肩に力を入れすぎないでください」「性交渉をするまでに皮が降りればいい」という結論に至っていたが、男性ネットユーザーを中心に、「剥くのはやめたほうがいい」という反対意見が多く集まってしまった。

関連記事(外部サイト)