「嵐が見られるポイント」を紹介?『スッキリ』、天皇即位祭典の特集が物議 “嵐のイベントじゃない”の声も

「嵐が見られるポイント」を紹介?『スッキリ』、天皇即位祭典の特集が物議 “嵐のイベントじゃない”の声も

画像はイメージです

 26日放送の日本テレビ系『スッキリ』でのある特集が、物議を醸している。

 この日、『スッキリ』では11月9日に行われる「天皇陛下御即位奉祝式典」で奉祝曲を歌う予定の嵐について特集した。番組では「嵐の歌などを見られる一般参加者約1万人は公募で選ばれる」と説明し、「活動休止前の嵐の歌を聞きたい」といったファンの声を紹介。そこで、「会場に穴場はないのでしょうか?」として、皇居前広場から1キロほどの場所にある東京ミッドタウン日比谷6階のパークビューガーデンを紹介していた。

 パークビューガーデンは、午前8時半〜午後11時まで出入り自由で誰でも入れるといい、嵐を見ることができる可能性の高いポイントと紹介。また、嵐が奉祝曲披露する理由について、「愛子さまが嵐ファンなのでは?」としていた。

 しかし、この特集について視聴者からは、「即位祭典は嵐のコンサートじゃないんですけど」「嵐メインのイベントじゃない。報道の仕方が間違ってる」「紹介した場所に人殺到しそう…大丈夫なの?」といった批判の声が殺到している。

 「ジャニーズといえば、一部ファンのマナー違反がたびたび話題になっていますが、今回の『穴場紹介』は、いわば“音漏れ観賞”の推奨。パークビューガーデンが。式典を見学できる場所と正式に指定されているわけではない以上、無法地帯になり、一部ファンが暴走する可能性も否定できません。そのため、視聴者からは『テレビが迷惑行為助長してる』『音漏れ参戦って一番やっちゃいけないやつじゃん』といった指摘も見受けられました」(芸能ライター)

 嵐は特に人気グループということもあり、即位祭典に関しても、以前から「会場周辺がパニックになるのでは?」といった懸念が囁かれていた。式典はテレビ中継やオンラインでも中継される可能性も高いものの、『スッキリ』ではこの中継の可能性に触れず。それだけに余計に批判が集まってしまったようだ。

関連記事(外部サイト)