橋本マナミ「出ないと思う」 共演経験のあるDAIGOの出馬報道に「かわいそう」と同情

橋本マナミ「出ないと思う」 共演経験のあるDAIGOの出馬報道に「かわいそう」と同情

橋本マナミ

 9月26日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、小泉進次郎環境大臣に並ぶ、将来の総理候補としてDAIGOの名前が浮上していると報じた『女性セブン』(小学館)の記事が取り上げられた。DAIGOは、自民党の大物政治家であった故・竹下登元首相を祖父に持つ。血筋は当然のこと、進次郎大臣のポエムに対し、DAIGOも「DAI語」と呼ばれる独特のフレーズセンスの持ち主。さらに総理の妻としても、滝川クリステルより、DAIGO夫人で女優の北川景子の方がふさわしいのではないかと報じられている。

 これに対し、梅沢富美男は「自分のことでウソ偽り言うのは嫌だから言うけどさ」と前置きし、「タレントの政治家って嫌いなんだよ」とバッサリであり、「政治家になるなら政治の勉強をしてなろうよ」と知名度だけで議員に転身するタレントには批判的だった。さらに、「DAIGO君が政治の勉強しているとは思わないしさ、一夜漬けで国を動かす人間になれないんだから、俺は反対だね」と語った。これには、ネット上で「梅沢、今日もズバッと言うな」「タレント政治家嫌いって共演者も多そうだけどな」といった声が聞かれた。

 ナジャ・グランディーバも「(進次郎大臣は)小泉元首相の下に(秘書として)ついて政治を見てきたが、DAIGOさんは何の勉強もしてないのでは」と疑義を呈した。橋本マナミも反対の立場につき、DAIGOとは舞台で共演したが、その印象は「本当にいい人。裏表ないですし、誠実ですし」と人柄を称えた。そうしたピュアなDAIGOが「何かを発言して批判を受けてとなったら、持ち上げられてかわいそうだなと。(そもそも)出ないと思うんですけど」と、DAIGOの気持ちを推し量った。これには、梅沢も「逆に困っているよDAIGO君も」と話した。ネット上では「ここはDAIGO本人の声が聞きたいところ」「どこまで現実味があるのかは知りたい」といった声が聞かれた。

 やはり出演者の予想通り、進次郎大臣がこれだけバッシングを受けているのを見ると、DAIGO出馬にはさらなる批判も生じそうだ。それでも知名度、注目度ともに抜群なだけにDAIGO出馬報道は止みそうにない。

関連記事(外部サイト)