TBSとダウンタウン、昔は険悪? 『クレイジージャーニー』で悪夢再来か

TBSとダウンタウン、昔は険悪? 『クレイジージャーニー』で悪夢再来か

ダウンタウン・松本人志、浜田雅功

 ダウンタウンを代表する番組と言えば、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)と並び、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が挙げられるのではないだろうか。綿密なリサーチと「悪意ある」演出が話題となり、優れた放送作品に贈られるギャラクシー賞も受賞している。だが、TBSとダウンタウンはもともと折り合いが悪かったことはあまり知られていない。

 TBSとダウンタウンの距離を遠ざけたのは、1992年4月から1993年3月にかけて放送された『生生生生ダウンタウン』(同)が原因とされる。当時のダウンタウンは本格的な東京進出を果たし、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)のレギュラー放送が1991年12月にスタートした時期である。注目の若手芸人として満を持して始まったのが、『生生生生ダウンタウン』であった。

 タイトルからもわかる通り、この番組は水曜8時から9時の生放送で、今田耕司、東野幸治、木村祐一などダウンタウンファミリーがそろって登場していた。ただ、松本人志的には「スタッフが学校の放送部レベル」だったことに、かなり不満を持ったようだ。松本は「ごっつ」のコントや、「ガキ使」企画を見てもわかる通り、作り込んだ笑いを好む。これには事前の準備やリハーサルも必要とするため、生放送で挑むならば、相当レベルの高い仕事が求められるだろう。

 さらに、生放送中に見慣れない人物がおり、浜田雅功が「お前は何者じゃい」とハリセンでツッコんだところ、それがテレビ局のお偉いさんという、笑えないハプニングも起こしてしまったようだ。番組は途中からは生放送ではなくなり、わずか1年で打ち切りとなってしまう。

 そのため、ダウンタウンとTBSは険悪な関係となってしまい、2005年に『リンカーン』が始まるまで、TBSのゴールデンタイムにダウンタウンが登場することはなかった。『リンカーン』もバラエティファン的には「内輪ネタでつまらない」と評判であり、『水ダウ』の登場と成功を待たなければいけなかった。

 だが、ここへ来て『クレイジージャーニー』のやらせ問題の影響で、打ち切りが濃厚といった状況になっている。そのためダウンタウン、特に松本とTBSの再びの関係悪化が気になるところだ。

関連記事(外部サイト)