「埼玉ぶっ壊されちゃ困る」爆問太田、N国・立花議員の辞職に物申す?

「埼玉ぶっ壊されちゃ困る」爆問太田、N国・立花議員の辞職に物申す?

爆笑問題・太田光

 10月8日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)において、同日夕方に参議院議員を辞職する意向を示し、10日告示の参議院議員選挙埼玉選挙区補欠選挙への出馬可能性も取り沙汰されている、N国ことNHKから国民を守る党の立花孝志代表について語られた。

 太田光は「立花やめるんだってね」と話し、「俺『立花、やめるってよ』って映画撮ろうかな」とボケ、『桐島、部活やめるってよ』のタイトルを引き合いに出し、笑いを誘っていた。さらに、埼玉選挙区から出馬することに、埼玉県出身の太田は「埼玉ぶっ壊されちゃ困るんだよ」と、立花議員の「NHKをぶっ壊す」のフレーズにかけていた。笑いにしつつも、突飛な行動には批判的な思いも抱いている雰囲気だった。

 太田と立花議員は、当選後から舌戦を繰り広げていた。立花議員がネット動画で「太田さんは僕を応援してくれていると思う」と話したことに、太田が「人聞きの悪いこと言うな。NHK出られなくなるわ」と応じるやりとりを見せていた。太田は立花議員のエキセントリックなキャラクターを「面白がっているのは事実」としながらも、その過激な言動に批判的な意見を差し向けることもあった。

 特に、『5時に夢中!』(TOKYO MX)において、マツコ・デラックスが、立花議員やN国を「気持ち悪い」と発言したことを受け、毎週生放送の現場に、支援者とともに立花議員が抗議にかけつけた行為に対し、太田は「やっていることは脅し。暴力団と一緒」と苦言を呈したこともある。

 さらに、『サンデー・ジャポン』(TBS系)から立花議員に出演オファーが来るも、生放送ではなくVTR出演となったことに立花議員が怒りを示すと、太田が「危なすぎて出せない」と牽制していた。

 ネット上では「さらっと笑いにしているのがいいね」「立花議員と太田の生放送での対決は見てみたかった」といった声が聞かれた。この日の放送では、立花議員の行動に関して、踏み込んだ言及がなされることはなかった。太田としても静観というのが現状なのかもしれない。

関連記事(外部サイト)