稲森いずみ、かつての恋人を奪った松嶋菜々子へ“三角関係”返し?<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>

稲森いずみ、かつての恋人を奪った松嶋菜々子へ“三角関係”返し?<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>

松嶋菜々子

 俳優の阿部寛主演のドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)の2話が15日に放送された。初回放送時には、ツイッターの世界トレンドで1位になるなど、大きな盛り上がりを見せている。10日に更新された公式ツイッターには、今作ヒロインを務める女優の吉田羊、深川麻衣、稲森いずみの3ショットが掲載され、大きな反響を呼んだ。

 同ドラマは、2006年放送のドラマ『結婚できない男』(同)の続編。前作の13年後を舞台にした、独身生活を謳歌する不器用な偏屈男の物語である。

 ヒロインの一人、稲森は数々の名作ドラマの主演を飾っている名女優である。1989年にモデルとしてデビュー。94年放送のドラマ『上を向いて歩こう!』(同)で、念願の女優デビューを果たした。

 稲森の代表作といったら、1996年放送のドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)、97年放送のドラマ『ビーチボーイズ』(同)だろう。 私生活では、同ドラマの出演がきっかけで、俳優の反町隆史と交際。公私共に順調だったようだ。

 当時、人気絶頂の反町は同ドラマの主演を務めた。反町は、女優・松嶋菜々子の夫で知られているが、稲森との交際中に三角関係となり、一波乱があったようだ。言うまでもないが、以降、稲森と松嶋は“共演NG ”である。

 1998年放送の『GTO』(同)で反町と松嶋が共演し、交際のきっかけとなったのだが、この当時、反町は稲森と交際中だったのだ。しかし、反町は松嶋に気移りしたのか、99年の夏ごろになると反町と松嶋が頻繁にデートをしているという噂が出始め、ついには同年10月に一部スポーツ紙で、反町と稲森の破局が報じられた。

 だが、破局報道から一転、その後発売された一部週刊誌によると、破局報道があった後も反町と稲森の恋人関係は続いていたという。実際、破局報道の直後に稲森が反町の自宅を訪れて一夜を過ごした様子をスッパ抜かれている。

 「反町は稲森と交際中に松嶋へアプローチをかけていたようです。いわゆる、“浮気”ってやつですね。結婚を視野に入れていた稲森は反町を取り戻そうと必死でしたが、反町の心は完全に松嶋に支配されてしまったのでしょう。破局報道の影響もあり、反町と稲森の関係は悪化したようです。また、松嶋に交際を迫った反町ですが、『(稲森と)ちゃんと別れてからじゃないと付き合わない!』と条件を突き付けられ、微妙な“三角関係”の中、稲森と別れるまで1年がかりだったそうです」(芸能関係者)

 反町は稲森との破局直後に雑誌のインタビューを受けていたようだ。そして、「(稲森とは)とてもいい付き合いでした。付き合ったことに対してはとても感謝してますよ」と語り、反町は悲願の松嶋と交際をスタートさせたという。

 「破局後、すぐに反町は、松嶋との距離を急激に縮め、“半同棲状態”に発展し、稲森は憔悴したようです。交際時反町は、稲森の故郷・鹿児島の実家にも訪れた間柄。相当なダメージを稲森は食らったはずでしょう」(芸能ライター)

 2001年2月、反町と松嶋は電撃結婚を発表した。世紀の大物カップルに騒然となり、350人もの報道陣が結婚会見に詰めかけた。

 「2004年5月に長女、07年11月に次女が誕生した反町夫妻でしたが、やがて反町の仕事が激減。そんな時、偶然稲森と再会したと言います。日頃のストレスをかつての恋人に打ち明け、“焼け木杭”に火が付いたと取沙汰されました。真相は定かではありませんが、稲森は今でも反町が忘れられないのでしょう。三角関係は“ドロ沼”化したと噂になりました」(前出・同)

 さすがに、稲森と松嶋の共演はあるわけがない。稲森は、その後も浮名を流すも、現在も独身を貫いている。反町との失恋が結婚への致命傷となったのかは不明だが、かつての恋人が幸せになってほしいと願っているに違いない。

関連記事(外部サイト)