よゐこ濱口に森昌子が「合わない」 意外な芸能人同士が、カメラの前で一触即発!

よゐこ濱口に森昌子が「合わない」 意外な芸能人同士が、カメラの前で一触即発!

よゐこ・濱口優

 特にバラエティーを主戦場とする芸人は、歌手、俳優、文化人と様々なジャンルのタレントと共演することが多い。どんな組み合わせであろうが、出来るだけ和気あいあいとしている姿を観ていたいものだが、そこは人間同士。仲たがいすることもある。

 よゐこ・濱口優と2019年に芸能界引退を発表している森昌子は、過去にイベントで一触即発の雰囲気になったことがある。当日は歌手数組が楽曲を披露する内容だったのだが、音声トラブルが続き、ステージの転換中に森と濱口がつなぐ場面があったという。そこで、森の喋りに対して、濱口が「ほうほう」と相槌を打って場を盛り上げようとすると、森から「いちいち合いの手を入れなくていいですよ。私が繋いでいますから」と制されたという。濱口も「僕も繋いでいる」とプライドを見せるも、森は「合わない時がありますね」とバッサリ。イラつきを見せた濱口は、マイクを下げる素振りを見せたという。

 「その後、濱口は自身がレギュラー出演していた『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で当時の話を回顧。笑いに変えていましたね。このように芸人が場を盛り上げようと絡んだものの息が合わず、空気がおかしくなることが稀にあります。ほかにも、悪口や不快感を示すコメントを公の場で話して、本人に届くケースも……」(芸能ライター)

 有名どころだとタモリと小田和正。タモリがラジオにて「暗い」という理由で、小田が参加していたオフコースを批判したところ、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で共演することに。新曲発売することに触れたタモリに対し、小田が「気に入らないと思いますけど」などと言い殺伐とした空気になった。しかし、約30年の時を経てフジテレビの中村光宏と生野陽子アナウンサーの結婚式で再会した2人は、握手を交わしたという。

 ほか、アルコ&ピース・酒井健太と先日、DJの世界大会で優勝し話題となったCreepy Nuts・DJ松永も仲たがいした時期があった。酒井がラップにのめりこみ、番組で披露していた時期があったのだが、「ラップ好き」と言いながらも、ネタのように扱ったため、松永には苦手意識があったという。その話が発展し、お互いのラジオ番組でディスり合いする形に。しかし、番組共演を機に仲を取り戻し、食事に行ったことを明かした。

 芸能人のケンカは一般人と同じく小さな火種から生まれることが多いようだ。どれだけ仲が悪くても、テレビやラジオの前では明るく楽しく接してほしいものである。

関連記事(外部サイト)