浅田真央、結婚発表に最適な年は2020年で岡村にもチャンス? 「オリンピック電撃婚」あるか

浅田真央、結婚発表に最適な年は2020年で岡村にもチャンス? 「オリンピック電撃婚」あるか

浅田真央

 10月22日深夜放送(関西地区は19日)の『おかべろ』(フジテレビ系)に、浅田真央が出演した。アシスタントにはピースの又吉直樹が出演した。

 浅田は最近ハマっているものとして、韓国料理とマッコリを味わった。これには、ネット上では「これは意外な組み合わせだな」「そもそも酒飲むイメージない」といった声が聞かれた。やはり、誰もが彼女が現役選手だった10代から20歳前後のイメージがあるためだろう。ナインティナインの岡村隆史も「真央ちゃん」と呼んでいた。

 ただ、そんな彼女も29歳で、現在はファンに向けたアイスショーを全国各地でこなしている。来年秋に30歳を迎えるタイミングでショーは終わるため、そのあとにはやはりプライベートの充実が視野にあるようだ。結婚願望も「したいという気持ちはあります。でも自然がいいですね。何か自分から行ったりとかは」と語っていた通り、奥手なようだ。

 現役時代も、競技へ集中するため恋愛はしてこなかったという。これには、ネット上で「なんかイメージのまんまだな」「岡村さんも同じタイプだから、真央ちゃんの気持ちをわかっていそう」といった声が聞かれた。

 番組では、人気占い師のLove Me Do(ラブちゃん)が登場し、浅田は今年11月に運命的な出会いがあり、最速の場合、来年2月に結婚に発展する可能性に言及した。さらに、2020年10月もベストタイミングだという。これを逃すと2036年までチャンスはないというから、勝負は来年と言えそうだ。

 ちなみに、岡村の占い結果も披露され、来年の2月までに出会いのチャンスがあり、次は2022年から2023年にかけてチャンスが来るという。浅田が岡村に結婚のお祝いを向けると、岡村も同じフレーズを返し、又吉から「想定で話さないでください」とツッコまれ、笑いを誘っていた。

 浅田は2010年のバンクーバー冬季オリンピック銀メダリストとして知られるだけに、オリンピック婚に期待したいところだ。

関連記事(外部サイト)