宮根、渋谷の水たまりに「冠水し始めてる」『ミヤネ屋』の豪雨情報がグダグダ?「適当なこと言い過ぎ」の声も

『ミヤネ屋』で千葉を中心とした豪雨をリポート 宮根誠司の大袈裟発言に視聴者が困惑

記事まとめ

  • 『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、台風21号による千葉を中心とした豪雨が取り上げられた
  • 宮根誠司は、道路の水たまりを見て「冠水し始めてるような感じですね!」と発言した
  • この発言に「大袈裟すぎる…」「冠水?本気で言ってるの?」と困惑の声が集まっている

宮根、渋谷の水たまりに「冠水し始めてる」『ミヤネ屋』の豪雨情報がグダグダ?「適当なこと言い過ぎ」の声も

宮根、渋谷の水たまりに「冠水し始めてる」『ミヤネ屋』の豪雨情報がグダグダ?「適当なこと言い過ぎ」の声も

画像はイメージです

 25日放送の『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、台風21号による千葉を中心とした豪雨を取り上げたものの、ネットからは困惑の声が集まっている。

 この日、番組では千葉県を中心に災害級の大雨となっていると報道。番組リポーターが千葉県市原市を流れる養老川の上に架けられたかすみ橋付近で中継を行い、水位が上昇していると報じていた。また、リポーターは中継された2時45分頃、かすみ橋付近が「氾濫危険水位」となっていると紹介。その上で、「養老川の上流は茨城県牛久市で、氾濫危険水位に達しているということです」とリポートしていた。

 しかし、養老川の上流は牛久市ではなく、市原市の牛久という地域。視聴者からは、「なに意味の分からないことを言ってるの?」「適当なことを言い過ぎ」「利根川を超えるのか?間違いだとしても無知すぎる」と批判が相次ぐ事態になってしまった。

 その後もミヤネ屋では渋谷のスクランブル交差点付近からの映像を写したものの、道路に水たまりがあるのを発見したMCの宮根誠司が「冠水し始めてるような感じですね!」と発言し、視聴者は「大袈裟すぎる…」「いや東京の雨はそんなひどくない」「冠水?本気で言ってるの?」とドン引きした様子だった。

 「番組ではその後、牛久市については訂正しましたが、豪雨の千葉県などと比べれば雨量が多くない渋谷と数回中継をつないでいた。視聴者からは『もっとひどい地域のことを報じてほしい』『映像はいらないけど、どこがどうなってるのかを正確に教えて』といった声が集まっていました。緊急のニュースとはいえ、あまりにもグダグダ。呆れ声が噴出していました」(芸能ライター)

 視聴者が求める正確な情報は提供しきれなかったようだ――。

関連記事(外部サイト)