チュート徳井、活動自粛でも資産は確保? 今になって次々と報道されているワケ

チュート徳井、活動自粛でも資産は確保? 今になって次々と報道されているワケ

チュートリアル・徳井義実

 個人事務所が東京国税局から所得隠しと申告漏れを指摘されていることが発覚した、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が26日、当面の芸能活動を自粛することを発表した。

 各スポーツ紙によると、徳井は23日夜に謝罪会見を行ったが、その時点で徳井は所属する吉本興業に活動自粛の意志を伝えていたという。

 また、吉本は26日、徳井から聞き取り調査を行った結果を公式ホームページで発表。

 それによると、税務署からの再三にわたる督促にもかかわらず、納税せずに2016年5月頃に銀行預金を差し押さえられ、また、社会保険に未加入で個人事業主としても所得税の無申告を繰り返していたというのだ。

 「本来ならば、逮捕されてもおかしくないレベルでの納税意識のなさ。金額がそこまでではなかったことや、国税の指摘を受け追徴課税を支払ったことで逮捕を免れた。吉本には今年の春先、徳井の申告漏れなどについて今年の春先に一部メディアから取材があったようだが、それをスルーしていたため今回のような事態に発展してしまった」(全国紙社会部記者)

 徳井の出演番組に関して、続々と放送中止や出演シーンのカットなどが決定しているが、またまた会見では明かされなかった新事実が発覚。

 徳井の個人事務所の住所は、強制性交罪に問われ公判中の俳優・新井浩文被告と同じマンションであることがすでに報じられているが、ニュースサイト「NEWSポストセブン」(小学館)によると、今年2月に現金一括でマンションを購入していたことを報じられたのだ。

 もともと、自宅兼事務所として借りていたマンション内で、もっと広い部屋が売りに出たので購入。購入価格は2億円近い金額だったという。

 「徳井が税金を支払えない理由は、投資話に乗って大金を失ったのではなどと言われていたが、まんまと資産をゲット。過去3年の確定申告書を提出し、都民税・区民税の滞納があればローンが組めないが、無申告だといずれの条件も満たせず。なので、現金で購入したのだろう。すでに、国税への支払いは済んでいるので、物件を差し押さえられることもない」(週刊誌記者)

 資産をゲットしたものの、きちんと固定資産税支払っているのかが気になるところだ。

関連記事(外部サイト)