爆問太田「ミキがかわいそう」 ステマ騒動、過去のペニオク騒動の例も出しフォロー

爆問太田「ミキがかわいそう」 ステマ騒動、過去のペニオク騒動の例も出しフォロー

爆笑問題・田中裕二、太田光

 10月29日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)において、人気お笑いコンビであるミキのステマ騒動について語られた。

 ミキの地元である京都市が、吉本興業を通じて、ミキに地元をPRするツイートを依頼し、ツイート1回につき25万円、合計100万円を支払っていたものである。地方自治体がPRを行う行為は何の問題もない。ただ、ミキのツイートは、宣伝であることを明かしておらず、有名人の知名度を生かして隠れてPRを行うステルスマーケティングと言え、何よりツイート1回につき25万円の高額な謝礼についても批判を集めている。ただ、ミキがそのまま100万円を受け取ったわけではなく、所属の吉本興業や、広告代理店なども関わっており、その過程でマージンが抜かれているのは確かだろう。極楽とんぼの加藤浩次も、『スッキリ』(日本テレビ系)でミキ擁護の姿勢を見せている。

 これを受け、太田光も「京都のあれ(宣伝)したって言うんだろ。ミキがかわいそうだよ。言われるがままやっただけでさ」とフォローし、「あいつらバカなんだからさ」と話し、笑いを誘っていた。ミキはこの番組にもゲスト出演しており、爆笑問題の2人とは親交がある。これには、田中裕二も「吉本を通した仕事なわけでしょ」と確認し、本人たちの落ち度の無さを指摘した。

 太田は過去のペニーオークション騒動などの例も引き合いに出し、「それで変なイメージが付くのはイヤだよな」と心配していた。これを受け、ネット上では「太田さん、後輩芸人にしっかりと目を掛けているな」「今回ばかりはミキは被害者かも」といった声が聞かれた。

 これから年末に掛けて、若手芸人にとっては『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)など重要なイベントが目白押しである。その最中に発覚したステマ騒動は、芸人としてはとんだとばっちりとも言えそうだ。

関連記事(外部サイト)