ドラマ、バラエティ…秋の改編が大外れ? フジテレビが窮地か、視聴者離れ進む

ドラマ、バラエティ…秋の改編が大外れ? フジテレビが窮地か、視聴者離れ進む

新木優子

 今月7日に放送されたフジテレビ系ドラマ「モトカレマニア」の第4話がなんと3.0%(以下ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録してしまった。

 女優の新木優子が地上波連ドラ初主演を務めたラブコメディーの同ドラマ。初回は5.6%でスタートしたが回を重ねるごとに視聴率を下げてしまった。

 「民放のGP帯の連ドラでは、13年10月期のTBS系『夫のカノジョ』、15年7月のフジ系『HEAT』がともに平均視聴率3.8%でワーストだったが、それを大幅に下回るワースト記録をたたき出すかもしれない。新木も、新木とW主演した高良健吾も数字を持っていないので、フジは明らかなミスキャストだった」(テレビ局関係者)

 看板枠の月9ドラマだが、7月期の「監察医 朝顔」は全話2ケタ超えで映画化話も浮上するなどしていたが、10月期の「シャーロック アントールドストーリーズ」は1ケタを記録する回も。そして、阿部寛主演で高視聴率を記録した「結婚できない男」の13年ぶりの続編「まだ結婚できない男」は第2話で7.7%を記録するなど苦戦している。

 「シャーロックは主演のディーン・フジオカがそれほど数字を持っていないし、そろそろ“旬”の俳優とは言えない。阿部のドラマは前作のヒロイン・夏川結衣が出演しないことで、前作のファンが離れてしまった」(テレビ誌記者)

 外れたのはドラマだけではない。学生時代に悔いを残す芸能人が数日間、学生時代に戻る姿を描いたドキュメンタリー「BACK TO SCHOOL!」は、初回に“タピオカ騒動”で渦中の木下優樹菜が出演。ネット上ではバッシングが殺到するなど話題になったが4.8%と惨敗。翌週は2.9%までダウンしてしまったのだ。

 「今期の数字があまりにも悪すぎるので、1月期は広告収入が激減しそう。かなりの窮地といっていい。五輪イヤーに厳しすぎる現実を突き付けられることになりそうだ」(同)

 もはや現場レベルではどうにもならない視聴者の“フジ離れ”が進んでいるようだ。

関連記事(外部サイト)