第一子出産の柳原可奈子、復帰後の活動は? キャラ迷走で前途多難か

第一子出産の柳原可奈子、復帰後の活動は? キャラ迷走で前途多難か

柳原可奈子

 11月18日、お笑い芸人の柳原可奈子が第一子女児の出産を報告した。柳原は2019年2月にフジテレビ社員と結婚し、3月に妊娠が判明後は仕事をセーブし、現在は産休、育休期間中である。柳原は所属する太田プロダクションの公式サイトにおいて、「ご協力いただいた仕事先の方々、応援してくれたみなさん、本当にありがとうございました」と報告している。

 だが、今後芸能活動に本格復帰するにあたり、彼女の居場所があるかは未知数だ。柳原と言えば、日常生活で目にする女性の姿などをデフォルメした一人コントで知られる。言わば「意地悪な視線」が持ち味であったと言えるが、子持ちのママタレ芸人とのキャラのギャップが生じてしまう。これまでのような毒気をどこまでキープできるか、難しい舵取りを迫られそうだ。

 芸能界は入れ替わりが早い。柳原の産休中の間隙を突くようにしてか、りんごちゃんが登場してきた。太った可愛げのある芸人といったポジションが早くも奪われつつある。また、日常ネタが得意な横澤夏子ともネタがかぶっていることはよく指摘される。

 さらに、柳原はお笑いタレントとしてばかりではなく、『もしもツアーズ』(フジテレビ系)でナレーションを務めるなど、声を生かした仕事も行っている。ただ、『バイキング』(同)の火曜日MCは、アナウンサー気取りではないかといった批判も生じていた。もともと、アナウンス系の専門学校を卒業しただけあり、しゃべりには自信があるのかもしれないが、その「ドヤ感」が気に入らないという意見が多いようだ。

 女芸人に限らず、芸人が売れてくるとネタをしなくなり、ほかのジャンルの何者かを気取り出すとはよく言われる批判である。柳原もそのパターンにハマっているようにも見える。子育てや夫とのエピソードトークなどはしばらく需要があるだろうが、その後は未知数と言えそうだ。

記事内の引用について
太田プロダクションの公式サイトより
https://www.ohtapro.co.jp/

関連記事(外部サイト)