大河が“クスリをやった沢尻”目的になる? ナイナイ岡村「撮り直さなあかん」沢尻容疑者に厳しいコメント

大河が“クスリをやった沢尻”目的になる? ナイナイ岡村「撮り直さなあかん」沢尻容疑者に厳しいコメント

ナインティナイン・岡村隆史

 11月21日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において、合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕された沢尻エリカ容疑者の話題となった。

 番組冒頭、岡村は「えらいこっちゃやで」と話し始めた。岡村も、沢尻容疑者が出演予定だったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にキャスティングされているが、岡村が演ずる農民の菊丸役と沢尻容疑者が演じていた帰蝶(濃姫)役がからむ場面は2つだった。岡村は「一つはスタジオでセット組んで、そん時は一切顔見られへんかった。顔あげんでもいいシチュエーションだったんで」と話し、もう一つは岩手県までロケに出かけて「(明智)光秀としゃべるシーンで後半に(濃姫が)出てくんねん」と話し、自分は撮り直しの場面はないかもしれないと話した。「岩手まで行って撮り直しとなったら、季節も変わってる、森の色、畑の色も違うやろし、どっちにしろ沢尻エリカさんの姿は見られないですよ」と、撮り直しの大変さも語られた。

 沢尻容疑者の扱いを巡っては、「作品に罪はない」として放送を求める声も挙がっているが、岡村はこれには反対の立場につき、「大河全部撮り終わってどうしましょうとなるなら、流しましょうとなるかもしれないけど、全部撮り終わってない、途中で(役が)入れ替わる作品ってあかんやろ」と話した。そこで、「見たいという人もいるけど、それは帰蝶(濃姫)じゃなうて、クスリをやっていた沢尻エリカが見たいだけ。作ってる側からしたらそんなのありえへんと思う。その後、パンと変えて作品見せられると思う。放送されてないんやったら絶対撮り直さないかん」と強調した。

 これを受け、ネット上では「岡村さん真面目だな」「『クスリやってた姿見たい』ってまさに視聴者の本音だろう」といった声が聞かれた。役者・岡村隆史の真面目な意見が聞けた放送となった。

関連記事(外部サイト)