「チョップまではアリ」ブラマヨ吉田の体罰容認発言が物議 女子バレー体罰問題受け「茶化さないで」の声も

「チョップまではアリ」ブラマヨ吉田の体罰容認発言が物議 女子バレー体罰問題受け「茶化さないで」の声も

ブラックマヨネーズ・吉田敬

 25日放送の『バイキング』(フジテレビ系)でのあるやりとりが物議を醸している。

 この日の番組では、大分県の小学生女子バレーボールチームの男性監督が、チームの児童に体罰をしていた問題を特集。男性監督が平手打ちや蹴りを見舞っていたほか、首の付け根をつかみ、顔を床に押し付けるなどの体罰があったとされており、一部保護者が、この問題を外部に漏らさないよう誓約書を作成し、他の保護者に配布したことなども問題視されている。

 『バイキング』では体罰の是非に話が及んだが、出演していたブラックマヨネーズの吉田敬は、「僕は体罰全部なくさなくてもいいと思う派なんですよ」と発言。しかし、今回報じられた誓約書の存在については疑問を呈し、「今回の床に首を押さえ付けるとかはやり過ぎやと思うんですよ。ただ、先生があまりにも手を出さへんかったら、調子(に)乗るアホなやつが出てきますから、チョップまではアリ」と持論を展開。出演者からは笑い声が上がり、相方の小杉竜一は「ウケて終わりや!」とツッコんでいた。

 しかし、この発言について視聴者からは、「いやいや、茶化してどうするの…」「このニュースやってるのに、体罰ありって公言するってどうかしてる」「こういう話題でウケ狙いの発言しないでほしい」などと吉田に疑問を呈する声が集まっている。

 「今回問題となっているのは、体罰そのものはもちろん、『体罰容認派』の保護者が誓約書まで作成したという点。番組でもその点を大きく取り上げ、MCの坂上忍も体罰容認派の保護者がいることを指摘していた。だからこそ、吉田の『容認派』という発言には『このタイミングで言うことじゃない』と苦言が集まってしまったようです」(芸能ライター)

 体罰についての多くの人が問題意識を持つようになったタイミングの中、それを茶化すような発言に批判が集まってしまったようだ。

関連記事(外部サイト)