キンコン西野、クスリ使用疑惑で職質を受けたワケは『いいとも!』出演者関係? 真相を語る

キンコン西野、クスリ使用疑惑で職質を受けたワケは『いいとも!』出演者関係? 真相を語る

キングコング・西野亮廣、梶原雄太

 キングコング(梶原雄太、西野亮廣)が24日、YouTubeチャンネル『毎週キングコング』を更新。合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕された沢尻エリカ容疑者の話題で、西野が警察に疑われた過去を明かした。

 芸能人が覚せい剤や大麻などで捕まった際、漫才やトーク中に梶原が西野に対し「お前も(クスリ)やっているよな?」とボケることについて、「(やっている)っぽいからやめてくれへん?」と笑顔でツッコむ西野。梶原としてはウケるから言っていることであって、客が「やってそう」と思っているのだと熱弁した。

 また、西野は『笑っていいとも!』(フジテレビ系)にレギュラー出演していた頃を回顧。2006年に、いいとも青年隊だったイワン&ジョンのイワンが大麻取締法違反の現行犯で逮捕されたのだが、その1〜2週間前にイワンと連絡先を交換していたという。そんなこともあってか、『いいとも!』に出演するためアルタに入ろうとすると、警察から職務質問を受け、カバンを全部見せたとのこと。その収録後、梶原も職務質問を受けたことを明かした。

 「他にも、西野が中目黒でクルマを走らせていたところ、警察に止められ、職務質問されたことがあったそうです。日が落ち始めた頃で、車のライトをつけていれば、つけていないクルマもあった。それでも西野が無灯火ということで職務質問を受けたとのこと。その時にはクルマの中をすべて調べられ、『完全に疑われていた』と振り返っていました」(芸能ライター)

 こうしたこともあってか、西野は「だからやめてほしい!」と梶原にお願い。常に明るく、睡眠時間も短いため、「俺と(明石家)さんまさん(は疑われる)」と嘆いた。

 その後、梶原はNGK(なんばグランド花月)のロビーには、パンチの効いた師匠連中が多くいるとコメント。劇場に入ると、ぼんちおさむが叫び倒し、大木こだまが「チッキチキー」と言いながら電話に出て、トイレから出てきた坂田利夫からは「ウ○コしてましたー!」と突然報告されると述懐。そんな彼らに、西野は「MDMAやってるやん。先捕まえなアカンのコッチやん」と大笑いしていた。

関連記事(外部サイト)