『ベストアーティスト』、日向坂46出演中に芸人が乱入で批判? 本人がSNSで謝罪

『ベストアーティスト』、日向坂46出演中に芸人が乱入で批判? 本人がSNSで謝罪

日向坂46

 27日放送の『ベストアーティスト2019』(日本テレビ系)に出演したアイドルグループ・日向坂46のパフォーマンス中のある出来事が物議を醸している。

 この日、日向坂46はデビューシングル『キュン』をよみうりランドのメリーゴーランド前から生中継で披露。パフォーマンス前には「人気芸人が『キュン』を体感しにどこかに登場します」とアナウンスされていたものの、序盤にはその姿は見えず、パフォーマンスは進んでいった。

 しかし、一部視聴者の間で「後ろのメリーゴーランドに一般人乗ってない?」「後ろに誰かいる」といった指摘が噴出。パフォーマンス終盤になると、そのメリーゴーランドから唐突にお笑いトリオの四千頭身が駆け出してきて、パフォーマンスを行う日向坂に乱入。メンバーの横で一緒に踊ったり呆然としたように立ったり、ポーズを決めたりなどしていた。

 ところが、最終的に一緒にポーズを決めただけで、MCが四千頭身の存在に触れることもほとんどなく、ただ乱入しただけの形に。この演出に日向坂ファンを中心に、「意味不明。一般人が乱入してきたのかと思った」「ただただ邪魔してるようにしか思えない」「なんの繋がりもないし、何しにきたの?」といった批判の声が集まっていた。

 「あまりにも意図が分からなすぎるこのコラボ。実は四千頭身の後藤拓実はパフォーマンス前に『イルミネーション綺麗だなぁ。最高だなぁ』などとツイートし、フラグを立てていましたが、もちろん誰にも予想できず、誰にとっても唐突なコラボとなってしまったようです。しかし、あまりにも中身のないこのコラボに、やらされた四千頭身への同情も集まっており、『コラボならもうちょっと出番作ってあげなよ…』『四千頭身じゃなくて企画したスタッフを批判したほうがいい』といった声が聞かれました」(芸能ライター)

 また、パフォーマンス後、四千頭身メンバーの都築拓紀は「すまん、おひさまのみんな」「俺もめちゃめちゃおひさまなんだ」、同じく石橋遼大も「お邪魔しました」と、“おひさま”と呼ばれている日向坂のファンに謝罪も。誰にとっても苦々しい思いの残るパフォーマンスとなってしまったようだ。

記事内の引用について
後藤拓実公式ツイッターより https://twitter.com/paiyu2
都築拓紀公式ツイッターより https://twitter.com/tzk0320
石橋遼大公式ツイッターより https://twitter.com/jfbdei

関連記事(外部サイト)