宮根、“桜を見る会”問題に「もう呼んでましたって言っちゃわないと」 無責任発言が物議

宮根、“桜を見る会”問題に「もう呼んでましたって言っちゃわないと」 無責任発言が物議

画像はイメージです

 28日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)でのMC宮根誠司の発言がまたも物議を醸している。

 問題の発言があったのは、最新のニュースを紹介するコーナー。その中で安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に“首相招待枠”として、マルチ商法を展開していたジャパンライフの元会長が出席したことを野党側が追及していると報道した。

 また、菅義偉官房長官が廃棄した今年の招待者名簿のデータについて「復元することはできないと聞いている」と述べたことも報じていた。これを受け、宮根は「全部(データは)破棄しちゃったんだ」と確認し、番組に出演していたフリーアナウンサーの須田哲夫氏に話を振りつつ、「(反社会的勢力を)もういい加減、『呼んでました』と言っちゃわないと、全然審議、決めなきゃいけないことが進まないですよ」と発言。須田氏は「どういう決着を見せるか、政府は考えてないんじゃないか」と分析していた。

 しかし、この宮根の発言に視聴者からは、「『自白の強要』という冤罪を作るのに一番使われる悪手」「よく無責任にこんなこと言えるな…」「問題点次々すり替えて騒動大きくしてるのはマスコミと野党でしょ」といった呆れ声が上がっている。

 「『桜を見る会』については意見が大きく分かれており、自らはっきりと説明しない安倍首相を責める声もあれば、いつまでも『桜を見る会』を最優先し、他の問題を取り上げない野党にも呆れ声が集まっている状態。そんな中、宮根のこの発言が『疑わしきは罰せず』の原則にも背いているのではと疑問視する声が集まってしまったようです」(芸能ライター)

 あまりにも軽々しい宮根の発言。また視聴者からの信頼を失ってしまったようだ。

関連記事(外部サイト)