ウイカが声優初挑戦『ジュマンジ』新作、まだ収録中? 高木渉も駆け付けドタバタの制作裏側を語る

ウイカが声優初挑戦『ジュマンジ』新作、まだ収録中? 高木渉も駆け付けドタバタの制作裏側を語る

ファーストサマーウイカ、高木渉

 11月22日から11月24に開催された、世界最大級のポップカルチャーイベント「東京コミックコンベンション2019(略称:東京コミコン2019)」の、23日のメインステージにて映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』のトークイベントが開催され、ファーストサマーウイカと特別ゲストで高木渉が登場した。

 声優初挑戦だというウイカは、ラッパーのオークワフィナが演じるミン・フリートフットの声を担当した。ミンは『ジュマンジ』シリーズの新キャラクター。初めてオファーを聞いたウイカは「ドッキリかと思った」と、しばらく信じられないほど驚いたと語った。実はウイカ、声優の専門学校に通っていた過去を持つ。その後は演劇の道に進んだが、今回はかねてからの夢を叶えられたようだ。

 イベントにはベテラン声優・高木渉も登場。高木によると、ウイカは「芝居に貪欲」だったという。収録中も芝居のバリエーションが多く、スタッフも感心していたそう。ウイカによると、何度も「もう一回やらせてください」と言って何度もセリフを撮り直してもらったことを明かした。

 本作は日米同時公開。もちろん日本語吹き替え版も公開日に合わせる必要があり、急ピッチの収録だったという。人気声優陣のスケジュールを合わせるのも難しく、ほとんどが一人ずつの収録だったとか。そんな中ウイカの収録に、休日だった高木渉が顔を出してくれたそうで、心強かったとのこと。実はこの吹き替え版、イベントのあった23日もまだ収録中というから、そのバタバタ具合がうかがえる。

 『ジュマンジ/ネクスト・レベル』は12月13日(金)に日米同時公開。無理ゲーのレベルを超えた、超絶壊滅級アクション・アドベンチャーに注目が集まっている。

(c)2019Sony Pictures Digital Productions Inc.ALL rights reserved.
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

関連記事(外部サイト)