嵐のクリスマスドーム公演に心配の声…札幌ドーム公演にはバキバキに折られたうちわ

嵐のクリスマスドーム公演に心配の声…札幌ドーム公演にはバキバキに折られたうちわ

画像はイメージです

 2歳年上で元フリーアナの女性との結婚を今月12日に発表した嵐の二宮和也。結婚発表後、数日間は祝福ムードが漂いメディアも大々的に報じていたが、16日に合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで女優の沢尻エリカ容疑者が逮捕されるや、沢尻容疑者にニュースの“主役”の座を奪われてしまった。

 結婚発表から間もない14日から16日までは北海道・札幌ドームで嵐のコンサートが開催され3日間、嵐ファンが押し寄せる様子が報じられたが、少なからずファンの“拒絶反応”が見られたようだ。

 「嵐は来年いっぱいで活動休止を発表。そのため、ファンにとっては各会場“一期一会”で嵐のメンバーと最高の時間を過ごしたかったはず。ところが、二宮の結婚発表でファンは“どん底”にたたき落とされてしまった。ファンに気を遣ったのか、二宮はMCで結婚については触れなかったようだが、コンサート会場にバキバキに折られた二宮のうちわが散乱している様子がSNSで拡散されてしまった」(音楽業界関係者)

 新婚ホヤホヤであるにもかかわらず、まだツアーが続いているため二宮は夫婦での時間をゆっくり過ごすことはできないが、12月24日と25日の東京ドーム公演では“地獄絵図”が広がりそうだというのだ。

 「公演前の12月23日は二宮の妻の誕生日。新婚後、初の誕生日とあって、盛大に祝福することになりそうです。二宮は意気揚々とクリスマス公演に臨めそうですが、ファンたちからすれば二宮が妻を祝う姿を想像し落ち込むはず。両日の公演終了後、会場周辺には札幌ドームと同じような、いや、それ以上の“地獄絵図”が広がってしまうのでは」(芸能記者)

 良きタイミングを見計らって結婚を発表したはずの二宮だったが、発表を活動休止後まで待つことはできなかったようだ。

関連記事(外部サイト)