三浦翔平、ジャニアイドルのパンツをたたんでいた仰天過去

三浦翔平、ジャニアイドルのパンツをたたんでいた仰天過去

三浦翔平

 俳優の三浦翔平が公私ともに、ノリに乗っている。国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で実施される「10週連続ゲスト声優まつり」に選出されたのだ。22日、女優の広瀬アリス、吉岡里帆に三浦の3人が各話に出演することが発表された(三浦の回は12月8日)。声優初挑戦で、まる子のクラスメイトで卑怯なことばかりを考えている藤木に、優しくアドバイスを送るバイク乗りの青年を演じる予定だ。

 2020年も早々からフルスロットの大活躍。1月4&5両日にフジ系で放映される木村拓哉主演の新春ドラマ『教場』に出演。5月には、WOWOWオリジナルドラマ×舞台プロジェクト『ワケあって火星に住みました〜エラバレシ4ニン〜』の舞台版へ出演することが決定している。

 私生活では、昨年の夏に女優・桐谷美玲と電撃婚。番宣でトーク番組に出演した際、一流女優とのラブラブ生活について問われると、隠すことなく堂々と答える潔さを見せている。週刊誌では仲睦まじい姿がたびたび捉えられ、美男美女夫婦の株は上がる一方だ。

 今は、自宅に帰ると美女が待っている。しかしかつては、温かい室内で待っていたのは、人気絶頂の“紅白”出場ジャニーズアイドルだったという。

 「お相手はHey! Say! JUMPの高木雄也さん。大みそかの『第70回NHK紅白歌合戦』に3度目の出演を決めたグループのワイルド担当です。『ごくせん』第3シリーズ(日本テレビ系/08年)で初共演した2人ですが、出会った当初は悪印象を抱いたそう。でも、雑誌撮影会の後に2人きりになり、気まずいなぁと思いながらも会話していると、『なんか気が合うな』と三浦さんの方から思ったそう。後に同居。高木さんのパンツをたたんでいたといいます」(アイドル雑誌の取材ライター)

 撮影中、クランクアップ後も一緒にいることが多くなり、高木がひとり暮らしを始めるタイミングで三浦が転がり込んだ。居候に引け目を感じたのか、洗濯、料理といった家事全般を担っていたのは三浦。バリバリのジャニアイドルを支えていたのだ。

 ジャニーズで半同棲と言えば、嵐・松本潤。歌舞伎役者の中村七之助と堀越高等学校時代の同級生のため、家族ぐるみの付き合い。七之助さんの亡き父・中村勘三郎さんは松本のことを「もうひとりの息子」と呼び、帰宅して翌朝に登校するのを当たり前のように受け入れていた。家の稽古場で、松本が嵐の新振り付けを練習することもしょっちゅうだった。

 同じく嵐では、相葉雅紀がタッキー&翼だった頃の滝沢秀明さんのマンションに居候していた。
 美しいオトコ同士の麗しき同居生活。のぞいてみたいものだ。
(伊藤由華)

関連記事(外部サイト)