純烈リーダーへの“スタバ神対応”が話題、粋な紅白祝福メッセージに「涙がでてきました」とファン感動

純烈リーダーへの“スタバ神対応”が話題、粋な紅白祝福メッセージに「涙がでてきました」とファン感動

純烈・後上翔太、酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平

 スーパー銭湯アイドルとして活躍する純烈のリーダー酒井一圭が、29日にブログを更新。昨年に引き続き、『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK)に出場することが11月14日に発表されたことに、改めて感謝の気持ちをつづっている。

 酒井は「本年度1番よく眠れた気がするのは昨日が本年度1番体力的にキツかったからかもしれない」。テレビ収録やコンサートが重なっているらしく、多忙だった1日を報告。更に、「紅白歌合戦の出場が決まりみんな喜んでいる。本当にこうなって良かったと思う。申し訳ないほど優しい人たちばかりだ」と、周囲への感謝の気持ちをつづった。

 また、「本年度1番精神的にキツかった時、府中のスタバの店員さんがメッセージをくれて物凄く救われちゃったんだけど」「久々に今日行ったら、みんな喜んでくれて。本当にこうなって良かった。みんな優しい」と話し、スターバックスで書いてもらったと思われる、「V2」と書かれたカップを写真に掲載している。

 この酒井のブログに対して、「スタバの方の愛溢れる神対応に、ファンも救われた思いの中、感動しました」「地元の応援は本当に嬉しいですよね。なんだかほっこりします」「今年の紅白は、昨年と違った感動に包まれると思います!純烈さんのファンで心から、良かった」など、純烈を応援するコメントが見られた。

 純烈は今、年末に向けて多忙を極めている。29日は午後2時から『ごごウタ』(NHK)に出演し、午後8時からは『中居くん決めて!定点カメラは見た!芸能人のヤバイ生態2時間スペシャル!』(TBS系)に出演するなど、テレビ出演も多くこなす。12月4日からはコンサートで兵庫県、広島県、山口県、福島県を周り、クリスマスコンサートを挟んで、12月30日は『第61回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)、そして31日の紅白歌合戦に出演するなど忙しい日々が続く。

 純烈は昨年の紅白歌合戦に初出場し、注目を集める中、2019年1月にメンバーで、純烈の振り付けを担当していた友井雄亮氏の過去のDV事件や交際していた女性の貯金使い込み疑惑が発覚。この騒動を受け、1月11日に友井氏が脱退後、新メンバーの加入や活動停止などの憶測が飛び交う中、純烈は地道に4人で活動を続けてきた。

 リーダーの酒井は、この騒動直後の1月20日のブログでも「さっき行ったんです。いつものスタバに」「最後にレシート渡される時にね『大変でしたね』」「店員さん全員が『頑張ってください!』『みんなで応援しますからね!』って激励してくれて」「ホームに上がって一口飲んで気がついたの。落ち込んでられない」などとつづり、マジックで『いつもおうえんしています』と書かれたコーヒーカップの写真を掲載していた。

 昨年に引き続き、紅白出場を決めた純烈。周囲のやさしさに感謝しながら地道な活動を続けた結果が実を結んだようだ。

記事内の引用について
純烈の公式ブログより https://ameblo.jp/junretsu0623/

関連記事(外部サイト)