独身生活に終止符を打ちそうな香川照之

独身生活に終止符を打ちそうな香川照之

香川照之

 2011年9月27日、九代目市川中車を襲名して歌舞伎俳優に進出した俳優の香川照之。歌舞伎に進出した当初は反発の声もあったようだが、今や長男の市川團子とともに人気を集めている。

 「今や数少ない、確実に客席を埋められる歌舞伎俳優の一人になった。ドラマや映画の撮影で多忙にもかかわらず、歌舞伎の稽古をこなし上達しているとあって、周囲も認めざるを得なくなった」(演劇担当記者)

 プライベートでは、1995年に元国際線CAの女性と結婚したが、結婚21年目の16年12月に離婚していたことが報じられた。

 以後、仕事に没頭していたが、いよいよおめでたい話が舞い込んできた。昨年9月に30代前半の銀座ホステスとの交際が報じられていたが、先日、そのお相手とハワイ旅行に出掛けていたことが報じられていた。

 記事によると、2人が宿泊していたのは、ハワイ有数の高級ホテルで宿泊料金は1泊10万円以上。2人は5日ほど滞在していたというから、交通費や飲食費なども考えると、旅行にかかった総額は100万円を優に超えるとみられるというのだ。

 歌舞伎のほか、映像作品やCMで稼ぎまくっている香川だけに、恋人との“婚前旅行”で散財したようだが、どうやら、再婚が近づいている模様。とはいえ、結婚相手にはかなりの“忍耐”が必要になりそうだというのだ。

 「歌舞伎界のしきたりは独特。ほかの歌舞伎俳優の妻たちとの関係を良好にしなければいけないが、銀座でホステスをしているぐらいならそのあたりは大丈夫か。とはいえ、前歴がバレバレなだけに、ほかの俳優の妻たちからの風当たりが強いと、その圧力に負けて精神を病んでしまわないかが危惧される。香川の前妻も、そのあたりでかなり苦労した末に離婚を決断してしまった」(芸能記者)

 再婚となれば、香川の妻に対するケアも必要になりそうだ。

関連記事(外部サイト)