夫・赤西仁の成功で思い通りに事が進まなくなった黒木メイサの事務所

夫・赤西仁の成功で思い通りに事が進まなくなった黒木メイサの事務所

黒木メイサ

 11月12日に東京・お台場のZepp Tokyoでワンマンライブを開催した元関ジャニ∞の錦戸亮だが、ライブ後の打ち上げの様子を発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

 同誌によると、錦戸はライブ後、車に乗り込んで都内の繁華街にある雑居ビル前で停車。同乗していた2人の女性とともに、ビル内にある西海岸風のダイニングバーへと入って行ったという。

 そこに合流したのは元KAT−TUNの赤西仁と俳優の山田孝之。2人を連れてきた車は錦戸が送迎車として利用している車両で、赤西はライブ会場にも足を運んでいたという。赤西と錦戸はかなり距離を縮めているそうだ。

 「赤西は国内のみならず、中国でのビジネス展開も軌道に乗り年収は数億円をたたき出しているという。もともと、『赤西軍団』のメンバーだった錦戸は独立に向け赤西にいろいろ相談をしていたため、ジャニーズ退所後、驚くべきスピードで活動を再開することができた」(音楽業界関係者)

 赤西は2012年2月に女優の黒木メイサとデキちゃった結婚し、14年2月いっぱいでジャニーズを退社。結婚当初、黒木の方が稼ぎは上回っており“ヒモ夫”などとやゆされていたが、今やすっかり黒木と稼ぎが逆転。

 そのため、黒木の事務所は思い通りにできなくなってしまったようだ。

 「結婚で大幅に“商品価値”が下落してしまった黒木だけに、事務所の女社長はなんとか離婚させて黒木を再ブレークさせようとしている。以前は薬物使用のうわさもあった赤西だが、今やすっかりそのうわさも消えて仕事も順調。離婚させられる理由がなくなってしまった」(芸能記者)

 スタッフの大量離脱や経営危機が報じられている黒木の事務所。もっと“ママタレ”押しで売り込んだ方が得策のようだ。

関連記事(外部サイト)