高橋英樹、真麻の妊娠を祝福! 過去の壮絶な実体験も明かし反響 「まだまだ心配」

高橋英樹、真麻の妊娠を祝福! 過去の壮絶な実体験も明かし反響 「まだまだ心配」

高橋真麻、高橋英樹

 フリーアナウンサーの高橋真麻が3日、『スッキリ』(日本テレビ系)で妊娠を報告したことを受け、父であり俳優の高橋英樹が同日、ブログで祝福した。

 英樹は「真麻から赤ちゃんができました!と報告をうけました。ただ ただ無事でありますようにと願うばかりです。」とつづり、真麻の妊娠を祝福した。続けて、「うちの奥さんが 真麻の出産までに三度の流産をして八年の月日がかかりましたので安定期に入ったとはいえまだまだ心配しています。」と、英樹夫妻も出産の際に大変な苦労があったことを明かしている。

 英樹のブログには「大きなたのしみができましたね。良いお年をお迎えください♪」「何年も前から真麻さんのブログ追いかけて山あり谷ありも見て来たので感慨深いものがあります(涙)」「高橋さん、とてもいいおじいちゃんになりそうですね」「以前番組で奥様をどうしても母親にしてあげたかったって言うお話を聞いて感銘を受けました。どうぞお体を大切に」など、真麻の妊娠を祝福するコメントや、英樹の告白に対するコメントが見られている。

 真麻は、2018年12月22日に、交際中であった一般男性と結婚。1月のイベントに出席した際には、新婚生活について問われ、「毎日、コントというかバラエティをやっているような感じです。朝、目覚めた時に隣に毎日大好きな人がいるということが幸せだなと感じます」と、夫とののろけ話を答えていた。また、ハネムーンベイビーについての質問には、「まだ全然。まだまだですね」と否定していた。

 英樹は現在75歳。真麻が一人娘のため、来年には初孫を授かることになる。

記事内の引用について
高橋英樹の公式ブログより https://ameblo.jp/takahashihideki-official/

関連記事(外部サイト)