さんま、結婚したくなくても「したいんですよ〜と可愛く返して」発言に“感覚が古すぎる”と物議

さんま、結婚したくなくても「したいんですよ〜と可愛く返して」発言に“感覚が古すぎる”と物議

明石家さんま

 3日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でのMC明石家さんまの発言が物議を醸している。

 この日は「いま気になる芸能人SP」として、さまざまなトークを繰り広げていたが、その中で女優の遊井亮子が「結婚願望がない」と発言。さらに、遊井は「私がショックを受けた一言」というトークテーマの中で、いろんな人から「なんで結婚しないの?」と訊かれるといい、「本当にいちいち答えるのが面倒くさくなって、『人として何かが欠落してるからじゃないですか?』って」と答えることを明かした。

 これに対しさんまは、「おもんない答え返してるな〜」と言い、「『したいんですよぉ〜』でいいやないか、可愛く」とツッコミ。これに遊井が「いや、したいと思わないんで」と返すと、さんまは「思わなくても一度返して……」と言い、短時間しか一緒にいたくないと主張する遊井に対し、「本当に好きな人が現れてないんだ」と決めつけるような発言もあった。

 しかし、このさんまの発言に視聴者からは、「なんで可愛く言う必要があるんだ?」「結婚したくない人の価値観を認められないって感覚古すぎる」「昭和の価値観すぎる。結婚しなくて何が悪いんだよ」といった苦言が集まっていた。

 「さんまと言えば、8月20日放送の同番組の中でも、ものまねタレントのりんごちゃんに対し『おっさんやないか』とツッコミし、共演者はもちろん、視聴者もドン引き。性の多様性を認められないことに対し、『価値観が古い』と指摘が集まりました。今回も“結婚しない自由”を理解できず、『女性はみんな結婚したがっている』とも取れる言動に困惑が集まってしまったようです」(芸能ライター)

 かつては60歳で引退する宣言もしていたさんま。そろそろ最近の感覚について来れなくなったタイミングかも知れない――。

関連記事(外部サイト)