『まだ結婚できない男』、陰の主役は「金田」? 前作ファンが心待ちにする“サプライズ出演”

阿部寛の『まだ結婚できない男』で「金田探し」話題 前作で高知東生が演じる

記事まとめ

  • 阿部寛の『まだ結婚できない男』が最終回目前となったが、「金田探し」が話題に
  • 金田とは前作で高知東生が演じていた桑野のライバル建築家
  • 16年に覚せい剤と大麻所持の容疑で逮捕され、出演は絶望的と言われていた

『まだ結婚できない男』、陰の主役は「金田」? 前作ファンが心待ちにする“サプライズ出演”

『まだ結婚できない男』、陰の主役は「金田」? 前作ファンが心待ちにする“サプライズ出演”

阿部寛

 火曜ドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)の第9話が3日に放送され、平均視聴率が9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第8話の8.6%からは0.4ポイントのアップとなった。

 第9話は、桑野(阿部寛)が仕事中に倒れ、中川(尾美としのり)の病院に運び込まれてしまう。まどか(吉田羊)らがお見舞いに向かうと、弱ったのかいつになく素直な態度の桑野がおり、まどかは「素直なのはあくまで一時的なもの」と疑うも、有希江(稲森いずみ)は「桑野さんに厳しすぎ」と指摘する。そんな中、早紀(深川麻衣)は自分が出演する舞台にまどかと有希江を誘うが――というストーリーになっていた。

 いよいよ最終回目前となった本作だが、これまで本作を陰で盛り上げていた存在がいる。それが、金田裕之。

 「金田は、前作で高知東生が演じていた桑野のライバル建築家。トヨタ・2000GTに乗り、毎回違う女性をバーに連れ込み、桑野は一方的に嫌っていたものの、地味に交流を深めていった存在でした。演じた高知が16年に覚せい剤と大麻所持の容疑で逮捕されていたことから、本作への出演は絶望的と言われていましたが、第1話では、桑野の机に置いてあった荷物の送り先が金田。第2話は、金田との食事がスケジュール表に乗っていました。そして第3話では、金田が出版した書籍『田舎で暮らしてわかった100のこと』が映り込み、第4話では、桑野のスマホに金田からの着信が表示されていました。第5話では、SNSで『金田裕之 炎上』のワードが表示されており、第6話では、『農業億万長者になる方法』という金田の書籍が再び映り込み、第7話は、またも着信履歴に金田の名前が。第8話では、金田からのメールが桑野のパソコンに届いていました。

 さらに、今話では、バーのカウンターでトヨタ・2000GTのミニカーが桑野の元に走ってきて、桑野は思わず、『金田……』とポツリ。もちろん別人でしたが、ファンは大盛り上がり。これまでの出演も、『毎週の金田探しが楽しみ』『前作ファンへのご褒美みたい』など、喜びの声が上がっています」(芸能ライター)

 また、今話では、病院に運ばれた桑野が中川に「あの女医だけには知らせるなよ」と頼むシーンがあり、第1話ぶりに夏美(夏川結衣)の存在が匂わされたこともあり、「サプライズ出演頼む!」「ちょっとでいいから夏美先生出てほしい」といった声が上がっている。果たして最終回、夏川結衣のサプライズ出演はあるのだろうか。期待が集まる。

関連記事(外部サイト)