同時デビューのジャニーズJr.2組、徐々に格差? 一方はバラエティ路線か

同時デビューのジャニーズJr.2組、徐々に格差? 一方はバラエティ路線か

画像はイメージです

 来年1月22日に「D.D.」でCDデビューする、ジャニーズJr.内のユニット「Snow Man」が、25日放送のフジテレビ系特番「7G〜SEVENTH GENERATION〜」に出演することを、各スポーツ紙が報じた。

 各紙によると、同番組は、ジャニーズのアイドルとお笑い芸人が、真のスターを目指して“ガチ勝負”するバラエティーで、今年8月に続く第2弾。

 今回は、脱毛に使用するブラジリアンワックスを使って、鼻毛やわき毛を引っ張り合う“ブラジリアン綱引き”などの体当たり企画などを通し、メンバーと若手芸人たちが火花を散らす。

 「かつてはSMAPが当時、ジャニーズタレントがほとんど出演していなかったバラエティー番組に進出し大ブレーク。どうやら、Snow Manもその線を狙って、お笑い芸人たちと積極的に絡む方向性のようだ」(テレビ局関係者)

 同グループは先日、中国最大のSNS「Weibo(ウェイボー)」で活躍し、同国で大きな影響力を持つアーティストなどを表彰する「WEIBO Account Festival in Japan 2019」で「新人アーティスト賞」を受賞。早くも海の向こうで人気となっているようだが、方向性については大いに悩むべきところのようだ。

 「同じ日にCDデビューするSixTONESはデビュー曲をX JAPANのYOSHIKIが手掛けることが発表され話題になっている。また、先日、2組のファンクラブの受け付けが始まったが、現状、Snow Manの方が会員数が少ない状態。正統派ぶって勝負してもこのままではSixTONESに勝てないので、プロデューサーを務めるジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長も方向性を模索しているのでは」(芸能記者)

 アイドルらしからぬキャラにチェンジして売るのも大いにありだと思うのだが…。

関連記事(外部サイト)