キムタクが清志郎さんの特番出演決定 追悼ライブでの歌唱力から不安の声も

キムタクが清志郎さんの特番出演決定 追悼ライブでの歌唱力から不安の声も

画像はイメージです

 元SMAPで俳優の木村拓哉が、来年2月16日放送のBSフジの特番「輝き続ける 忌野清志郎(仮題)」に出演することを、各スポーツ紙が報じた。

 清志郎さんは09年に亡くなった。木村は97年のフジテレビ系主演ドラマ「ギフト」で清志郎さんと共演して以来親交が深く、今年5月に行われた清志郎さんの没後10年の追悼ライブにサプライズで出演していた。

 各紙によると、同番組は、清志郎さんを敬愛するアーティストや著名人が一堂に会し、エピソードを語るスペシャル番組。

 番組では、生前の清志郎さんが木村に贈った楽曲「弱い僕だから」のレコーディングの様子を放送するほか、木村が清志郎さんとの思い出を語るという。木村は今回、BSの番組に初出演する。

 同曲は、木村に提供され、SMAP時代のアルバム「SMAP 011 ス」(97年)に木村のソロ曲として収録されていた。そして、来年1月8日発売の木村の初のソロアルバム「Go with the Flow」に収録されている。

 「今後、キムタクは俳優業と並行してソロアーティストとしても精力的に活動するようだが、ぜひとも“後ろ盾”にしたかったのが清志郎さんだろう。清志郎さんはいまだにファンが多いこともあり、キムタクは『自分が歌い継ぐ』という使命感を持っているのでは」(芸能記者)

 とはいえ、清志郎さんのファンに受け入れられるかどうかは微妙なようだ。

 「今年5月の追悼ライブで歌声を聞いたが、あまりにも気負って肩に力が入りすぎていたようで、肝心の歌唱力はさっぱりだった。もっと肩の力を抜いて自分らしく歌わないと厳しいような感じだった」(客席にいた音楽業界関係者)

 今後、清志郎さんに関係する番組や企画では欠かさず名前を連ねることになりそうだ。

関連記事(外部サイト)