『バイキング』、伊藤詩織さん裁判で大島さと子の発言「ズレてる」? ジャーナリストの使命感を指摘

『バイキング』、伊藤詩織さん裁判で大島さと子の発言「ズレてる」? ジャーナリストの使命感を指摘

画像はイメージです

 20日放送の『バイキング』(フジテレビ系)は、フリージャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之氏から性的暴行を受けたとして訴えた民事裁判について特集。番組にゲスト出演していた女優の大島さと子の発言に視聴者から批判の声が集まっている。

 番組では冒頭からこの裁判について扱っていたが、その中で話を振られた大島は被害女性と加害男性の間でものの見方が変わるため判断が難しいとし、「ましてや密室の中でのことで、お互いの供述が全く違うとなると判断のしようがない」と発言。さらに、「今回の(裁判の)意義っていうのは、ジャーナリストとしての立場の伊藤さんがやはり性暴力被害っていうことに対し、保守的である今の日本の社会に対して、『こうであってはいけない』と実名を出してでもやらなきゃいけない、立ち上がらなきゃいけないみたいな、そういう意思みたいなものがあって、このようなことになっているのではないのかな」と、伊藤さんが山口氏を訴えたのはあくまでジャーナリストの立場であるからだとした。

 大島はその後も「一被害女性というよりは一ジャーナリストとしての使命感の方が彼女の中では強いような気がするんですよね」と持論を展開。さらに特集の最後にも「最終的にはやっぱり性暴力犯罪に対してこれから社会が、あるいは法律がどう変化していくか、どう変化していってほしいかっていうところ。彼女は落ち着かせたいってことだと思うんです」という発言も。MCの坂上忍が「個人の事柄ですからね」とフォローを入れたが、大島は「このふたりの今回の事案に対しての着地点はどこにあるのか私には分からないですから」と話していた。

 しかし、大島のこの発言に視聴者からは「一般女性が訴え出るのはおかしいのか?一般女性なら、黙って泣き寝入りしとけとでも?」「ズレてるんだよね。法律改正しようとして具体的になにか動いてるわけでもないのになに言ってるの?」「大島さと子の発言を聞いてると『女性の敵は女性』というもう一つの現実とも闘わなければならないんだなと思った」と困惑する声が集まってしまっていた。

 伊藤さんが被害を訴えたのは「ジャーナリスト」だからだと強調し続けた大島に、多くの視聴者が違和感を抱いたようだった。

関連記事(外部サイト)