西川史子、ゴーン被告の逃亡“重大事実”をポロリ? 志らくも「かなり大きな情報ですよ」と困惑

西川史子、カルロス・ゴーン被告逃亡の“重大事実”を証言? 立川志らくが困惑

記事まとめ

  • TBS系『グッとラック!』で日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告の話題を取り上げた
  • 西川史子がゴーン氏の釈放後に友人に「家を貸して欲しい」と言う人がいたと語った
  • 西川は、その書類に借主がレバノン政府と書いていたと発言し、立川志らくが困惑した

西川史子、ゴーン被告の逃亡“重大事実”をポロリ? 志らくも「かなり大きな情報ですよ」と困惑

西川史子、ゴーン被告の逃亡“重大事実”をポロリ? 志らくも「かなり大きな情報ですよ」と困惑

西川史子

 女医の西川史子が言ったことは果たして本当なのか? 8日放送の『グッとラック!』(TBS系)にコメンテーターとして出た際の発言が波紋を呼んでいる。

 「番組では、その時、レバノンへ逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告についての話題を取り上げていました。するとこの日、西川が、『私の友人(の話)で、ゴーンさんが保釈された後に“家を貸して欲しい”“内見に来たい”と言ってきた(人がいたという)んですよ。その書類に、借主がレバノン政府って書いてあったんです』と衝撃発言。さらに、西川は『(逃亡の)真相としてレバノン政府も支えてるんじゃないか』と推測したのです」(芸能ライター)

 これを聞いた立川志らくも、さすがに動揺。「何気ない会話で出ましたけど、かなり大きな情報ですよ。レバノン政府がお金を払うって……」と、発言の真偽について困惑していた様子だった。

 レバノン政府の関与を巡っては7日、大久保武・駐レバノン日本大使が首都ベイルート郊外の大統領府でアウン大統領と会談した際、同大統領は「本件にレバノン政府は全く関与していない」と説明し、これを否定していた。

 だが、もし西川の話が本当ならこれは外交上極めて重要な証言となる。SNS上でも、これを見ていた視聴者は即座に反応。「西川先生ものすごいのぶっ込んできたな」「西川先生すごい情報もってるな」とザワつき、さらには「西川先生、そういうことべらべら喋っちゃダメだよ……」と、その軽口を注意する声も。

 西川の友人がどんな人だったのか、また、なぜその書類を見たのかは定かではないが、彼女のさらなる説明が待たれる。
...

関連記事(外部サイト)