大島由香里、横浜で話題のTENGA広告を評価 「すごくうまいやり方」

大島由香里、横浜で話題のTENGA広告を評価 「すごくうまいやり方」

大島由香里、横浜で話題のTENGA広告を評価 「すごくうまいやり方」

24日の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、大島由香里横浜ビブレに登場したTENGAの広告について持論を展開した。


■広告について議論

神奈川県横浜市のファッションビル「横浜ビブレ」に、「大人になったらTENGA」と書かれた懸垂幕が登場し、議論を呼んでいるというニュースを紹介した24日の放送。

ロバート・キャンベル氏は「私はこの懸垂幕のコピーとしては秀逸だと思いますね」とコメント。一方で「保護者が小さい子供と歩いていて”なに?”って言われると、心に危惧する場面も想像します」とも語る。

そのうえで「商品自体を見るとデザインがシンプルで、全然わいせつではない」などと話し、寛容な意見を述べた。


関連記事:横浜に突如現れた横断幕、何かがおかしい… 予想外の「5文字」に驚きの声続出

■大島が母親の立場から見解

ふかわりょうから「親御さんは大変でしょ?」と質問された大島は「もちろん、性に対してひた隠しにしてはいけないということは大前提であると思うんですが」と前置きする。

そのうえで、「じゃあもし今、娘が5歳で”お母さんTENGA ってなに?”って聞かれたときに、”うーんとね”って言ってつまってしまうなと思うんですよね」とコメントした。

■広告は「うまいやり方」

さらに大島は「でもなんかこう、ちゃんと説明してあげなきゃなって思って、結果TENGAを調べるじゃないですか。もうTENGAの広告は大成功だなって思うんですよね」と指摘。

続けて「なんかやり方としては、すごくうまいやり方だなっていうふうに感じてしまいました」と話す。ダイアナ・エクストラバガンザも「そういう会話が家庭のなかで起こることも意図しているのでは」と話した。


■子供に質問されたら…

ふかわは「子供から”TENGAってなに?”と聞かれたら、なんて答えればいいですかね?」と質問する。

ダイアナは「昔だったら全部教えてあげていたんだろうけどね…」と笑う。一方キャンベル氏は「大人だけが味わえるものがあって、そのときになったら、手伝ってくれる道具と言えば良いのでは」などと分析。

話を聞いた大島は「本当にタイミングとか説明の仕方が本当に難しいから、年齢とか性格を一緒に考えながら向き合っていくのが良いのかな」とコメントしていた。

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

関連記事(外部サイト)