さすがローソンストア100だぜ! 「アイスみたいなパン」がどれもこだわりすぎ

さすがローソンストア100だぜ! 「アイスみたいなパン」がどれもこだわりすぎ

さすがローソンストア100だぜ! 「アイスみたいなパン」がどれもこだわりすぎ

コンビニなのに、税抜100円の商品がずらりと並ぶ“献立応援コンビニ”ローソンストア100ウィンナー弁当さけ茶づけなど、定期的に「どうした? 話聞こうか?」と声をかけてあげたくなるような、変わり種アイテムを提案し続けているのも魅力の1つだろう。

そんなローソンストア100が、あの有名アイス3種とコラボ。作ったのはもちろんアイ…スではなく、なぜか菓子パンだ。そうきたか。

【試食】ホームランバーのこだわりに笑っちゃう


画像をもっと見る■アイスみたいなパンだ!

22日より販売開始されたのが、「あいすまんじゅう風パン」「ホームランバーみたいなパン」「白くま風蒸しパン」(すべて税抜100円)の3種。何のアイスとコラボしたかは、名前だけで一目瞭然だろう。


どれも、コラボ先アイスをそのままパッケージにしちゃいました! みたいなデザインなのがかわいい。


関連記事:ローソン、あの「カントリーマアム」がパンに… ガチでハマるおいしさ

■あいすまんじゅうはしっかり「甘い」

「あいすまんじゅう風パン」は、丸い形をした白いパンにつぶあんとホイップをサンド。

あんもホイップも、意外にぎっしり挟まれている。

パン部分は柔らかく、少しもちもち。その中に入ったあん&ホイップが…甘い! とにかく甘い!! あいすまんじゅうだもん、そりゃ甘いよね…と納得できるのだが、結構驚くレベル。カロリーも3種の中で最も高い330kcal。朝ごはんより、3時のおやつに温かい緑茶と食べるのが合いそうな気がする。

■ホームランバーは見た目から…

ホームランバーは、あの長方形を再現。一箱の中にチョコとバニラ味のアイスが入っている、という認識の通り、このパンも2つの味が用意されている。…1本の中に。

半分に割ってみると、片方にはチョコクリーム、そしてもう片方にはバニラ風味ホイップクリームがサンドされているのだ。それでこそローソンストア100。その無駄に細かいところこだわっちゃう姿勢が大好きだ。

パンが素朴な味わいで、甘めのチョコクリームとやさしい味のバニラホイップとの相性抜群。良くも悪くも、古き良き菓子パンってこういう味だよな! としみじみしてしまう。


■むっちりな白くま風

一番味の想像がしにくいのが、この「白くま風蒸しパン」だろう。様々な形状の「白くま」アイスが売られているが、今回の見た目はカップタイプに近いかも。蒸しパンの上にクランベリーやパイナップルなどのドライフルーツがトッピングされている。

蒸しパン自体は練乳風味になっていてふんわりと甘く、上にのったドライフルーツの苦味や酸味とマッチしておいしい。ただ、生地がむっちり重めなので食べごたえがすごすぎる…。蒸しパン=「蒸しケーキ」のようなふわふわと軽い口溶け、を想像する人が多いだろうが、この商品はThe蒸しパン。ここに栗が入ってたら、昔懐かしいおばあちゃんの蒸しパンだわ。

3種ともアイスメーカーがしっかり監修している、ローソンストア100の「アイスみたいなパン」シリーズ。山ほどアイスを食べていた小さい頃を思い出して、ちょっと懐かしい気持ちになれるかも。

(取材・文/Sirabee 編集部・たつき あつこ

関連記事(外部サイト)