原田龍二、寺脇康文の『相棒』復帰を歓迎 「待ちに待ったという感じ」

原田龍二、寺脇康文の『相棒』復帰を歓迎 「待ちに待ったという感じ」

原田龍二、寺脇康文の『相棒』復帰を歓迎 「待ちに待ったという感じ」

24日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、原田龍二が寺脇康文が14年ぶりに復帰することが発表された『相棒』(テレビ朝日系)について語った。


■『相棒』に寺脇が復帰

10月からスタート『相棒 season21』に、寺脇が14年ぶりに復帰し「亀山薫」を演じることが決まったニュースを取り上げた14日の『バラダン』。

寺脇は復帰について「仮面ライダー1号が帰ってきたように相棒1号も帰ってまります」「シン亀山薫でございます」などとコメントし、やる気を見せているとのこと。

また「杉下右京」を演じる水谷豊は「亀山くんが帰ってくる。そんな日が来ることを杉下右京も夢見ていたことに違いない」と話したという。


関連記事:ローランド、人気ドラマに出演した過去を告白 「今だから言える黒歴史」

■玉袋筋太郎がコメント

コメントを求められた玉袋筋太郎は「帰ってきたんですね。必ず不仲説が出ますよね、『相棒』の。あれはアングル(ストーリーのような意味)だよね」と話す。

自身も『相棒』に出演する原田が「アングルです、アングルです。まさにアングル」と返すと、「帰ってきたんですね。良いコメントでしたよね」と笑った。

■原田は「すごい楽しみ」

アシスタントの新井麻希から感想を聞かれた原田龍二は「僕は必ず、今回寺脇さんで5人目というか、4人目というか、皆さんと共演しているんですけども」と語る。

そして「寺脇さんはそもそも師匠のように水谷さんに接していたんで、『相棒』ファンは、本当に待ちに待ったという感じだと思いますよ。すごい楽しみにしています」とコメントした。


■高い人気を誇る『相棒』

初代『相棒』の杉下右京・亀山薫が復活するニュースにはネット上でも歓喜の声が続々と上がっているが、それは出演者の原田にとっても同じだった様子。そのことだけを見ても、高い人気をうかがわせる。

Sirabee編集部が全国の20〜60代の男女1,386名に独自ピックアップした名作刑事ドラマ10作のうち、「一番好きなもの」を聞いた調査では、『相棒』は3位にランクイン。日本が誇る歴史に残る刑事ドラマの1つといえよう。

原田も出演する可能性が高い『相棒 season21』。『バラダン』視聴者からも内容に期待の声が上がっていた。

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2016年8月26日〜2016年8月29日
対象:全国20代〜60代の男女1,368名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)