ふかわりょう、『バラいろダンディ』で本屋の魅力を力説 「宝探し感が…」

ふかわりょう、『バラいろダンディ』で本屋の魅力を力説 「宝探し感が…」

ふかわりょう、『バラいろダンディ』で本屋の魅力を力説 「宝探し感が…」

5日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、ふかわりょうが本屋の魅力などを語った。


■大阪府の書店が著者別に陳列

大阪府の書店が、文庫本を出版社別ではなく、すべて著者別に陳列し、ネット上で話題となっているニュースを取り上げた5日の『バラいろダンディ』。

番組によると「作家で探すことが多いのでこれはあり」という意見と、「作家で探すのは便利だが宝探しには向かない」などの声で賛否両論となっているとのこと。ただし、賛成派が8割なのだと紹介された。


関連記事:ふかわりょう、『サザエさん』の原作とアニメの違いを語る 「タラちゃんの…」

■コメンテーターの意見は…

コメンテーターのロバート・キャンベル氏は著者別の陣列に理解を示しつつも「出版社のくくりで見ていくといろいろなことが見えてくるので、(出版社別を)崩してほしくないかな」と語る。

一方ダイアナ・エクストラバガンザは「私は作家別のほうがいいなって思う」と話すが、「岩波と河出だけは別コーナーで、あれは分けておいてほしい」とコメントした。

■ふかわが本屋の魅力を語る

ふかわは「今はネットでクリックで買うのが増えていますけど、やっぱり書店のこの目に飛び込んでくる色合いだったり、その場所。それこそ宝探し感が」と語る。

キャンベル氏が同調すると、「ダイアナさん、CDなんて、レコード会社ごとで並んだり、しないですよね」とポツリ。ダイアナも「うーん、それをやられたら、本当に○ねよと思いますね」と笑う。

するとふかわは「音楽はレコード会社がお金を出してそこのスペースを買うという側面もあったりしますけども、本屋さんってやっぱりね、出版社の見栄えというか、背表紙の色を揃えたいっていう」と話した。


■本屋によく行く人は…

ネットに押され店舗数が減っているといわれる本屋だが、思いがけない本に出会えるなどの魅力は健在だ。Sirabee編集部が全国20〜60代の男女1,332名を対象に実施した調査では、各世代で3〜4割が「本屋によく行く」と回答した。

ふかわが語った本屋の魅力に、共感した視聴者もいたようだ。

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年3月24日〜2017年3月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,332名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)