香取慎吾、SMAP解散後の苦労を告白 「ずっとグループだったんで…」

香取慎吾、SMAP解散後の苦労を告白 「ずっとグループだったんで…」

香取慎吾、SMAP解散後の苦労を告白 「ずっとグループだったんで…」

俳優で歌手の香取慎吾が30日放送の『第11回明石家紅白!』(NHK)に出演。16年にSMAPを解散したあとの苦労を語った。


■さんまと7年ぶり共演

MCの明石家さんまとは7年ぶりの共演。香取は同番組の存在を知らなかったため、今回出演オファー受けたとき「すっごい怪しいなと。さんまさんとお会いするの久々だし、『さんまさんが会いたいと言ってます』みたいな。変な詐欺に遭ってるみたいな」と警戒していたと笑わせる。

大黒摩季や郷ひろみなど大御所も出演すると知り、ようやく「本当のやつかもって」と思ったといい「もうめちゃくちゃ疑いました」と話した。


関連記事:3.11にSMAPファンが動いた  『プロフェッショナル』再放送を求める声

■解散後の苦労

香取はことし4月に、2ndソロアルバムをリリース。そこで感じたのが、1人で歌い続ける大変さ。SMAP時代は「サビ以外1行とかしか歌ってないんで。それが1人になるとずっと歌うんですよ」と説明する。

当然、さんまからは「当たり前や! 知ってたやろそれくらいのことは」とツッコミが。

しかし、香取は「ライブとかやると、2時間とかずっと歌うんですよ。グループだと1曲の中でも歌ってない部分があるし」と真剣な表情。「1人になる大変さを分かっててやってるよな?」というさんまからの問いにも「ずっとグループだったんで分かってなかったです」と答えた。

■ファンに怒られ反省

また、ジャニーズ事務所を退所したときのエピソードを明かした香取。

再出発した当初は「ゼロになろう」「ゼロからのスタート」と表現していたが、ファンから「私たちがいるじゃないですか」と怒られたという。ファンの存在を再認識し「本当に申し訳ないなと思って。ゼロじゃなかったんです」と反省したと振り返った。


■視聴者は歓喜

香取がSMAP解散後の秘話を赤裸々に話した今回の放送。

SNS上には「さすがのトーク力だしSMAPの話がたくさんだし幸せだった」「SMAPの話しもちょいちょい打ち込んでくれ嬉しいな」「慎吾ちゃん、SMAPの時の話をこんなに身振り手振りで話してくれるの、嬉しいー」と歓喜する視聴者の姿が見受けられた。

(文/Sirabee 編集部・RT

関連記事(外部サイト)