550円でいいの!? ダイソー「ゲーミンググラス」の実力やいかに

550円でいいの!? ダイソー「ゲーミンググラス」の実力やいかに

550円でいいの!? ダイソー「ゲーミンググラス」の実力やいかに

お盆休みに入ったけれど、新型コロナが怖いから旅行は中止。家でゴロゴロ…な予定の人も少なくないはず。積んでたゲームでもやるか! と意気込んでいる人におすすめしたいのが、ゲーミンググラスだ。


画像をもっと見る■ゲーミンググラスとは?

ゲーミンググラスは、モニターを集中して見つめることで酷使される目を守るためのもの。いわばゲーマーの盾だ。ブルーライトカットはもちろん、視界を遮らない(死角を生まない)・モニターの色合いを損なわない・ヘッドセットと干渉しない…などPC用メガネとは少し異なった特徴がある。

長時間ゲームをしても目が疲れないなんて最高じゃないか! と思ってしまうが、専用商品は1万円から〜と意外にお高め。

そこに颯爽と現れたのが、我らがダイソー! まさかの550円で売っているのだ。


関連記事:「メンズサングラス」最新ランキング レジャーやスポーツに大活躍

■550円でこんなに!

箱からして近未来チックなダイソーのゲーミンググラスは、「ゲームをさらに快適に。」の文言が力強い。

ARコート(反射防止膜)、フレームレス、ブルーライトカット、滑り止め…欲しい要素フル装備だ。

中に入っているのは、ゲーミンググラスの他に専用ケースとメガネ拭き。

ケースにはカラビナが付いているため、持ち運びにも便利。…電車の中とかで、これかけてSwitchやってる人がいたら、ちょっと驚く気がする。

■メガネ自体はシンプル

ゲーミンググラス自体は、シンプルなデザイン。“ゲーミング”といっても、七色に光るわけじゃない。

かなりレンズに反射するため、かけている姿はなかなか怖いのだが…屋内専用なので問題ない、はず。


■使ってみると?

実際にかけてみると、しっかり光は遮断されているのに、色味はそこまで変化していないことに驚く。これが…ゲーミンググラス…。

ただ、安定感を追求するためのノーズパッドが視界に入ってしまい、かなり気になる。また、記者が購入したものはフレームが歪んでいたようで、どうかけても左側が下がってしまう。愛用しているヘッドセットとの相性も悪かったようで、少し動くと擦れて位置がずれるので直し…と若干面倒。さすがに550円に求め過ぎか。

毎日何時間も練習しているガチゲーマーや、死角が命取りなFPSなどには不向きだが、550円でこのクオリティなら「ゲームしてると目が疲れる」「お休みはゲームやり込むぞ!」な人は試す勝ちがありそうだ。

(取材・文/Sirabee 編集部・たつき あつこ

関連記事(外部サイト)