デーブ、TV局で異なる旧統一教会問題の報道姿勢を疑問視 「当然やるべき」

デーブ、TV局で異なる旧統一教会問題の報道姿勢を疑問視 「当然やるべき」

デーブ、TV局で異なる旧統一教会問題の報道姿勢を疑問視 「当然やるべき」

12日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、デーブ・スペクターがTVで異なる旧統一教会問題の報道姿勢について持論を展開した。


■旧統一教会問題の報道に違い?

番組はNHKと民放各局で、旧統一協会問題に対する報道が分かれていると分析する記事を紹介する。それによるとNHKとテレビ朝日は及び腰だが、『情報ライブミヤネ屋』『ゴゴスマ〜GOGO!Smile!』はかなり積極的に報じているとのこと。

この要因については『ミヤネ屋』はよみうりテレビ、『ゴゴスマ』はCBCと地方局が制作していることが大きいのではないかと紹介された。


関連記事:デーブ、カルト宗教と関わる政治家に疑問 「開き直るのはなぜですか?」

■デーブが持論を展開

デーブは「『ミヤネ屋』の前の『ザ・ワイド』って番組。当時の統一教会の問題を、有名人も入ってたんで余計大きい話題だったんですけども、そのつながりもある」と指摘する。

続けて、「日テレのニュースもやってるし、TBSの『報道特集』もものすごくやってるし、ほかもやってますけども、たしかにNHKとテレビ朝日は消極的なんです」とコメント。

そして「それが政治的な忖度とみんな勘違いしてるけど、じゃなくて、抗議が物凄く来るんですよ」と指摘した。

■社風の違いも?

さらにデーブは「物凄い抗議にビビるところもあれば、ミヤネ屋は大阪ですから、抗議が来ても気にしないっていうスタンスの違い。社風の違いも大きいと思う」と持論を展開する。

旧統一教会問題については「これはニュースになっていることですので、当然やるべきなんですよ。しかもいつの間にか政治家との関係になっているわけですから、これを報じないほうがおかしいんですよ」と指摘。

続けて「だって会見をやっているのに、やっていないというのはおかしな話なんで」と語った。


■ミヤネ屋は「積極的にやる番組」

デーブは『ミヤネ屋』について「前から非常に積極的にやる番組ですので」と称賛。

そして「まあ、CBCは後にできた番組なんですけども、たしかに地方にいるという強みもあると思うんですよね」と分析していた。

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

関連記事(外部サイト)