森本稀哲氏、阪神・糸井選手引退にコメント 「記録にも記憶にも残る選手」

森本稀哲

プロ野球解説者・森本稀哲氏が13日、自身の公式ツイッターを更新。プロ野球・阪神タイガースの糸井嘉男選手の引退公表を受けて、メッセージを送った。

【ツイート】森本氏「よしお! お疲れ様!」


■糸井選手が引退

「超人」という愛称で長らく親しまれてきた糸井選手。同チームの最年長として奮闘してきたが、今季限りで現役を引退することが明らかとなった。

糸井選手は2003年に日本ハムファイターズに投手として入団。その後外野手に転向し、打者として6年連続の打率3割超えを記録。日本代表にも選出された。

オリックス・バファローズを経て、2017年に、現在の阪神タイガースに移籍している。


関連記事:なにわ男子・大橋和也、ロケ先の定食屋が「ファンから苦情がすごい」と投稿! 謝罪の声相次ぐ

■元同僚・森本氏からメッセージ

かつて日本ハム時代に同僚としてプレイしていた森本氏は、ツイッターで糸井選手にメッセージを送った。はじめに、「糸井嘉男、チームメイトでありライバルだった。糸井嘉男、身体能力では敵わないと思った」と糸井選手を称える。

「ピッチャーではノーコンだった」「左中間と右中間が分からなかった」と物悲しい一面もつづるが、「糸井嘉男、めっちゃ照れ屋で天然で素直な男。糸井嘉男、記録にも記憶にも残る選手だった」と、偉大な選手であることを示した。

最後に、「よしお! お疲れ様!」と、ねぎらいの言葉をかけて締めくくっている。

■言葉に「泣けてきてしまいます」

森本氏のメッセージにファンからは、「あたたかいメッセージ… 読んでるだけで泣けてきてしまいます…」と感極まる人や、「稀哲さんの愛が伝わる素敵なメッセージ」と想いを感じ取る人のコメントが届いた。

「糸井さんが日ハムいた頃はみんなが楽しかった」と過去を懐かしむ人も見られる。


■今月5日のコメントにも反応

今月5日には、糸井選手とチームの間で話し合いが行われていることが報道されていた。同日に糸井選手は、「紙面にぎわしてしまい… しっかり話し また、ご報告させてください」とツイート。

森本氏はこれにも反応しており、「今オフにひちょりズムの大会あるんだけど、正式にオファー出してもいいのかな」と、自身が運営するYouTubeチャンネル『ひちょりズム』の企画を持ちかけようとしていた。

■森本氏「記録にも記憶にも残る選手」

糸井嘉男、チームメイトでありライバルだった。
糸井嘉男、身体能力では敵わないと思った。
糸井嘉男、ピッチャーではノーコンだった。
糸井嘉男、左中間と右中間が分からなかった。
糸井嘉男、めっちゃ照れ屋で天然で素直な男。
糸井嘉男、記録にも記憶にも残る選手だった。
よしお!お疲れ様!

— 森本稀哲 Hichori Morimoto (@onifukkusencho) September 13, 2022

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?