ウイカが番組オープニングで涙ぐんでいた理由 声震わせ「うれしくて」

ファーストサマーウイカ(写真提供:JP News)

28日放送の『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)に、タレントのファーストサマーウイカが出演。オープニングトーク中に、思わず泣きそうになってしまった理由とは…。


■「緊張感がいつも以上に」

今回番組では、「平成バラエティーを生き抜いた女が大集結!」と題し、鈴木蘭々やさとう玉緒、坂下千里子、保田圭、中山エミリ、インリンら、当時のバラエティを彩ったタレントが登場。

そうそうたるメンツを見、番組レギュラーの若槻千夏は「緊張感がいつも以上にある」「この(レギュラー)メンバーがいなくて、(最初)私だけだったんですけど、めっちゃ怖かったです」とコメント。

MC・くりぃむ上田も「勢ぞろいしてる。スーパーロボット大戦みたい」と語るなど、普段のスタジオとは、少し異なった雰囲気でのスタートなった。


関連記事:なにわ男子・大橋和也、ロケ先の定食屋が「ファンから苦情がすごい」と投稿! 謝罪の声相次ぐ

■声震わせ「うれしくて」

そんなオープニングトークの最中、ウイカは「私もう、蘭々さんの後ろに座れる日が来るなんて」と目を潤ませる。鈴木と言えば、人気子供番組『ポンキッキーズ』(フジテレビ系)にレギュラー出演し、バラエティなどでは、“不思議系キャラ”として親しまれてきた。

平成生まれのウイカにとって、まさに憧れの人だったようだ。「私もう、今日泣きそうなんです。すでに。うれしくて」「思い描いてたテレビの世界に、いまいると思って」と声を震わせながら話した。

■オールスターに視聴者も感激

憧れの人と対面し、感極まってしまったウイカ。視聴者からも「蘭々さん懐かしい…ポンキッキーズ観てたよ」「何歳になっても可愛いなあ」といった反応が。

また豪華ゲストが集結した今回の放送に、「当時だったら考えられない面々」「まさに平成バラエティのオールスター」「超貴重な放送回」とウイカ同様、感動した視聴者も多いようだ。


■『ポンキッキーズ』の舞台裏も

番組の中では、鈴木が当時のテレビの世界を語る一幕も。いわく「スタジオが永遠に使える時代」「ポンキッキーズとかは、1日に10本くらい(撮影していた)」そうで、「お昼くらいに入ると、翌朝4時とか当たり前だった」と語る。

くりぃむ上田から「ガチャピンとかムックとか、大変だよね」とツッコまれると、「そうですけど、(被り物を)取って…」と語るなどし、スタジオを盛り上げていた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?