櫻坂46小林由依、“砂時計ボディ”カットを初公開 「背中の筋を見てほしい」

小林由依

櫻坂46の小林由依が4日、都内で開催された2nd写真集『意外性』発売記念発表会に出席。写真集の見どころや、撮影のために行ったトレーニングについて語った。


■丸とくびれの“女神の砂時計ボディ”

屋久島で撮影を行った同作品には、自然の中で無邪気に笑うカットや、横浜での「きれいなお姉さんとのデート」を思わせるシーンなど“意外性”のある姿を収録。

さらに、大人になった今だからこそ着こなせるランジェリーや水着姿で、丸みとくびれの“女神の砂時計ボディ”も披露している。


関連記事:なにわ男子・大橋和也、ロケ先の定食屋が「ファンから苦情がすごい」と投稿! 謝罪の声相次ぐ

■背中に筋がはっきり

小林由依

同イベントでは、”女神の砂時計ボディ”のカットを初公開。自身のボディを砂時計に例えられたことについて小林は「恥ずかしいんですけど(笑)、この写真はお気に入りです」と笑顔を見せる。

続けて「ジムに通っていて、結構な頻度で背中をやるなって思っていたんですけど…。どのくらい仕上がっているのか自分だとよく見えないので、この写真が出来上がった時に背中に筋がはっきり入っていてうれしかったです」と喜んだ。

■遠征時もストレッチポール持参

小林由依

自宅でもトレーニングしたか聞かれると「教えていただいた腹筋やお尻のトレーニングをしていました。あと、写真集の撮影の期間中に、グループでの活動で遠征があったんですけど、そこにもストレッチポールを持っていったりしていましたね」と回顧。

特に見てほしい部分については「やっぱり背中の筋を見てほしいなと思いますし、全体のスタイルもよく仕上がったらいいなと思って取り組んでいたので、見てほしいです!」と呼び掛けた。


■「バンジーやパラグライダー」に挑戦か

写真集のタイトルに絡めて、将来的にやってみたいと思っている“意外”な挑戦について尋ねられると「バンジーやパラグライダー」とコメント。「もともとインドアなので、やろうってならないんですけど、近い将来、そういった視野が広がるようなアウトドアもしてみたいなと思っています」と口にした。

また、写真集の自己採点を求められると「自分に甘くしてもいいのかなと思うので『天使の日』にかけて104点です!」と答えていた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?