『ジョブチューン』ロイホのパンケーキ評にファン応援 「変えてほしくない」

『ジョブチューン』ロイホのパンケーキ評にファン応援 「変えてほしくない」

ロイホのパンケーキ評に絶句

ロイヤルホスト

26日放送『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)では、人気ファミリーレストラン・ロイヤルホスト(ロイホ)のイチ押しメニューを一流料理人がジャッジ。パンケーキへの低評価受け、ロイホファンからは店を支持する熱い声が集まっている。


■ロイヤルホストが挑戦

飲食店の従業員がイチ押しするメニュー10品を超一流料理人がジャッジしていく人気企画に、福岡のフレンチ料理店からスタートしたロイホが挑戦。

「気軽にフレンチを食べてほしい」との創業者の思いを受け継ぎ、1971年からファミリーレストラン展開をスタートした同店のイチ押しメニューを、7人の料理人が実食。ときに首を傾げ、ときに笑顔でうなずき、同店の料理を評価していった。


関連記事:なにわ男子・大橋和也、ロケ先の定食屋が「ファンから苦情がすごい」と投稿! 謝罪の声相次ぐ

■ロングセラーメニューが登場

そのなかで特にロイホファンが反応したのが、4位に登場した、同店の名物ともいえる創業時からのロングセラーメニュー・パンケーキでの一幕だ。

ゴールデンブラウンと呼ばれる美しい焼色にこだわったシンプルなパンケーキは、495円というお手頃価格で提供され、多くのファンに愛されてきた。

しかし試食後、険しい表情を浮かべる料理人が目立ち、7人中合格の札を上げたのはわずか1人で不合格に。ロイホの料理人らはこの結果にショックを隠せず、「コメントを聞かせていただければと思います」と評価の理由を尋ねる。


■パンケーキの批評

いま主流のナチュラルなパンケーキではなく「ケミカルな香りがするんですよね。僕はもっと価格を上げて生地自体のおいしさを(高めるべきだと思う)」「古い形にこだわりすぎて、焼くことにこだわりすぎているから目線を変えてもいいのでは」といった意見や、「家でも焼けるんじゃないかって思ってしまった」といった厳しい批評が伝えられた。

ロイホ側の開発担当者・総料理長からは言葉が出ず、営業総責任者が「食べていただくお客様から評価される、改良の余地があるのであれば我々は取り組まなければいけないなというのが、いただいたお言葉に関しての感想になります」と代弁。

開発担当者は「もしかしたら自分達がそこに固執しすぎていたかもしれない」「もっとおいしくなる方法を考えたいと思います」と言葉を絞り出した。


■ファンは応援

このやり取りを見守っていたネプチューンやバナナマンもこの結果には絶句。視聴者のロイホファンからはさまざまな意見が寄せられている。

「ロイホ…担当の人どうかお気を落とさず…」「担当者の態度は素晴らしい抗議だった」「ロイヤルホストの営業さんのフォローがすごくて感動」といった担当者への称賛が殺到。

「あのずっと変わらない懐かしい佇まいが最高だよね」「ロイホのパンケーキは最高で、あのままでいいから変えてほしくないの!」「30年以上食べてきた私からすれば、ロイヤルホスト以上のパンケーキは存在しない」と変わらぬ味を貫いてほしいとの声も目立っている。

関連記事(外部サイト)

  • 1

    一流料理人が100%じゃないよね。 その舌が全てではない。お客さんだって100人食べればそれぞれ感想は違う。 一流料理人がNGを出したからってそれで全てだめということではない。 専属の一流シェフとスタッフが考案して作ったんでしょ。 これでこの値段は高すぎるというシーンだけ見ていた。見ていても「たかっ」と思ったけどね。味はテレビではわからない。「オレに食わせろ。オレが判定してやる」と思ったよ。こういう番組は見ていてためにならないから、数分しか見てなかったけど。

すべてのコメントを読む