『イッテQ』イモトの卒業報道 内村光良の対応に「さすが」の声

『イッテQ』イモトの卒業報道 内村光良の対応に「さすが」の声

『イッテQ』イモトの卒業報道 内村光良の対応に「さすが」の声

(写真提供:JP News)

24日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、「珍獣ハンター」ことイモトアヤコや、森三中らが同番組を卒業するといった一部報道について、番組側が誤報であると強調。

司会の内村光良が、このフェイクニュースによって最も災難だった人物をあげた。


■イモト「卒業しません」

番組後半にて、電話出演していたイモトが「1個言いたいことがあるんですけど…」と切り出し、「私、イッテQ卒業しません」と、一部報道について改めて否定。

「イモトと森三中がイッテQを卒業し、3時のヒロインが加入するというニセ情報が流れました」というテロップも入れられた。

これについて内村は、「イモト、女優1本で行くんだよな?」とツッコミ。他の共演者たちからも「頑張れよ」とイジられ、穏やかではないフェイクニュースが笑いへと昇華した。


関連記事:森三中、公式アカウントが『イッテQ』卒業を否定し謝罪 「言葉足らずだった」

■「一番災難に遭ったのは…」

イモトと同じく“卒業”と報じられてしまった、森三中の村上知子は「イモトさんが辞めるって言い出しちゃったから、森三中も巻き添え食らっちゃって…」と吐露。

イモトがすかさず「いや私も辞めないです」「イモトも辞めないです」と慌てると、内村は「一番災難に遭ったのは3時のヒロインだと思うんだけど」と苦笑した。


■笑いへ変える対応に「さすが」

番組ファンにとっても穏やかではない誤報をしっかりと訂正した対応に、視聴者からは「この間のイモト卒業をちゃんとネタにしてくれるあたり、 イッテQはさすがだと思う」「降板報道はガセネタと番組で言及してくれてよかった」など、多くの反響が寄せられている。

一方で、内村が言及したように「ほんとにあのデマ、ただただ3時のヒロインがかわいそう」「誤報のせいでかわりにならないとか言われたわけだし普通にかわいそう」など、3時のヒロインに同情する声も多数見られた。

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)

関連記事(外部サイト)