土田晃之、アンジャ渡部からのLINE明かす 「もちろん猛省していた」

土田晃之、アンジャ渡部からのLINE明かす 「もちろん猛省していた」

土田晃之、アンジャ渡部からのLINE明かす 「もちろん猛省していた」

27日放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)では、複数女性との多目的トイレ不倫が発覚し芸能活動を自粛したアンジャッシュ・渡部建に言及。長い付き合いのある土田晃之が自粛中の渡部とのLINEでのやり取りを明かした。


?同世代芸人に驚きなし

芸能界のグルメ王と称し、好感度が高かった渡部の不貞行為に世間からは厳しい声が殺到している。

これに土田は「世間が相当よく思っていたんでしょうね。僕らは昔から知っているから、正直まわりは誰もびっくりしなかった」と主張。付き合いが希薄になっていた結婚後の女性関係は知らないが、「昔は遊んでいた」と振り返り、当時のイメージからすれば驚きはないと断言した。


関連記事:アンジャッシュ渡部、活動自粛を発表 「妻にも説明し、謝罪しました」

?LINEのやり取りは…

土田は「逆にびっくりしたのはワッキーのほう」と同世代のペナルティ・ワッキーが初期の中咽頭がんを発表・休業した点に触れる。

「ショックを受けているかと思ったけど結構ポジティブ、元気だった」とワッキーとのLINEのやり取りを明かした流れで、渡部とも連絡を取り合っていると告白。「渡部はもちろん猛省していた」と笑った。

?さんまの後輩愛

これまで後輩芸人の不祥事を笑いに変えようとしてきた明石家さんまはこの日も絶好調。自身が謝罪会見に同行するなど提案し、渡部の騒動を楽しんでいた。

盛り上がるトーク展開に視聴者からは「明石家さんま氏をはじめ、演者さんのアンジャッシュ・渡部氏のいじり方は愛情を感じるなぁ」「同じ渡部の話なのにバイキングと向上委員会ではツッチーのコメントのテンポが全然違う」とさまざまな感想が寄せられている。


?3割は「芸能人の不倫許せない」

しらべぇ編集部で全国10〜60代の男女1,789名を対象に調査を実施したところ、全体の34.3%が「芸能人の不倫問題は許せない」と回答した。

芸能人とはいえ不倫は当事者らの問題、家族や相手が納得しているなら外野が口を出すべきではないと指摘されがちだ。それでも芸能人の不倫は許せない層は一定数いる。「猛省している」とはいえ、嫌悪感のある不貞行為に走った渡部を許せる人は少ないかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日〜2020年2月26日
対象:全国10代〜60代の男女1,789名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)