30代女性の半数が「仕事で書類郵送は必要」 ペーパレス化はまだ先か

30代女性の半数が「仕事で書類郵送は必要」 ペーパレス化はまだ先か

30代女性の半数が「仕事で書類郵送は必要」 ペーパレス化はまだ先か

ネットを経由すれば、手軽に書類を送付できる時代になった。それでも書類の郵送がなくならないのは、なぜなのだろうか。


画像をもっと見る■「書類の郵送は必要」半数も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の有職者の男女827名を対象に調査したところ、全体の45.9%が「自分の仕事に書類の『郵送』は必要だと思う」と回答した。


関連記事:ペーパーレス化はまだまだ先か 「仕事にプリンター必要」7割近くも

■パンフレットの郵送

性年代別では、30代から40代の女性が高い割合になっている。

パンフレット類は、まだまだ紙が主流である。

「観光施設で働いているけれど、取引先からパンフレットの送付依頼が毎日のようにある。どんなにネットが発達していても、まだまだ案内には紙が手軽で便利なのだと思う」(30代・女性)


古い体質の会社では、改革が難しいとの声も。

「どう考えてもメールにPDFを添付したほうが早いものでさえ、郵送で対応している書類が多い。古い体質の会社なので、変えていこうという気持ちがないのだと思う」(40代・女性)

■相手の環境も影響

デジタル化を進めるには、相手の環境も整わないと無理である。

「うちの会社はペーパレス化を進めているけれど、紙を完全にゼロにするのはやはり難しい。こちらだけで完結できるものならいいけれど、取引先の都合もある」(30代・女性)


「BtoCの仕事をしていて、お客様への案内などは郵送で送ることがほとんど。すべてをデジタル化するには、相手の環境も整わないと無理なので」(20代・男性)


■個人の意識では限界が

個人的にはペーパレスを意識しているが、会社全体で取り組む必要があるとの声も。

「個人的に紙を減らすようにはしているけれど、会社全体で取り組まないと意味がない。郵送だと送料もかかるため、ペーパレス化は経費削減にもなるのに」(20代・男性)


「人事の仕事をしているので、履歴書を郵送で受け取ることも多い。僕自身としてはすべてデジタルにしてもいいと思うけれど、そうはいかないみたいだから」(30代・男性)


まだまだ、紙の書類をメインに扱う会社がたくさんあるようだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年4月24日〜2020年4月27日
対象:全国10代〜60代有職者の男女827名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)