元祖サラダバーの「フォルクス」 まずは“最安メニュー”で高コスパを実感すべし

元祖サラダバーの「フォルクス」 まずは“最安メニュー”で高コスパを実感すべし

元祖サラダバーの「フォルクス」 まずは“最安メニュー”で高コスパを実感すべし

全国に約40店舗展開するステーキレストランチェーン「フォルクス」。同店の自慢は各種グリル料理とサラダバー。最も値段を抑えつつ腹いっぱいにするというわがままを叶えるため、ランチ時、記者は都内のフォルクスに向かった。


画像をもっと見る■日本で最初のサラダバー

各種ステーキを取り揃えるフォルクスで野菜食べ放題のサラダバーが誕生したのは開業から2年経った1972年だという。

同社HPにはサラダバーを「日本で一番最初に取り入れた」と説明されており、今でこそステーキガスト、シズラー、ココス、ブロンコビリーなど他レストランでも同サービスが行われているが、その先駆けは間違いなくこの店だったということになる。初めて知った…!


関連記事:ジョナサン、北海道旅行気分が味わえる豪華フェア開催 これはすごい…

■チキンステーキが最安!

そんな歴史あるサラダバーをたらふく食べてみたい。昼時のフォルクスに到着すると、ランチメニュー最安値の品書きを注文しサラダバーを堪能しまくることに決めた。

平日は日替わりランチもあるようだが、お邪魔した土日はランチのグランドメニューのみ。中でも最安値だった「チキンステーキランチ」(1,188円)をチョイスする。

■サイドメニューもしっかりある

チキンステーキが焼き上がるまでの間、サラダバーを物色する。レタス、トマト、コーン、オニオンなどスタンダードな食材を中心に、ポテサラやもやしの和え物、キャロットラペといったサイドメニューまである。

皿2つ分がっつり野菜や惣菜を盛り、同時にサラダバー内にあったゼリーとフルーツといったデザート類、そしてコーンスープ、クリームスープなど合計3種類あったスープもちゃっかりもらってきてテーブルに並べた。なんとも壮観だ。


■大満足のコスパ

そうこうしていると焼きたてのチキンステーキが登場。ポン酢系のさっぱり和風ソースを付けて食べるタイプで、鶏肉自体は外がカリッカリ、中はふっくらジューシーという最高の焼き上がりだ。ウマい…さすがステーキ専門店。

パリッ、ジュワ食感のチキンを味わいつつ、合間に野菜をがっつり摂取。

結局野菜類は4回おかわり、スープは2回、さらにライス・パンもおかわり自由なのでこれも1皿ずつ平らげた。

サラダバーに野菜以外の惣菜類がもっとあったらうれしいと思いつつも、サラダバー、スープバー、メインディッシュがついて1,000円ちょっとはだいぶコスパ的にも良い。

昼から美味しいビーフステーキもいいが、値段抑えたチキンステーキでも十二分にフォルクスの魅力を体験することができた。フォルクス初心者のみなさん、ぜひお試しあれ。

(取材・文/Sirabee 編集部・キモカメコ 佐藤)

関連記事(外部サイト)