【空前の将棋ブーム】ルールが分からなくても楽しめる3つの方法

【空前の将棋ブーム】ルールが分からなくても楽しめる3つの方法

【空前の将棋ブーム】ルールが分からなくても楽しめる3つの方法

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。
7月13日(木)の生放送では、「ベスト3先生」コーナーに将棋ライターの直江雨続さんが登場。ルールが分からなくても将棋が楽しめる方法を教えてもらいました。



最年少プロ棋士・藤井聡太四段が、弱冠14歳にして史上最多となる公式戦29連勝という快挙を成し遂げ、その活躍ぶりが連日メディアで取り上げられるなど、空前の将棋ブームと言っていいほどの盛り上がりを見せています。

羽生善治九段が将棋界で初の7タイトル独占を達成した1996年以来のブーム到来と言われていますが、「当時もすごかったですが、その比じゃない」と直江さん。
インターネットの普及などの影響もあり、現在は将棋を観る環境が非常に整っており女性の将棋ファンも急増中なのだとか。直江さん曰く「将棋界はタレントの宝庫。キャラクターがすごく立っていて、言葉は悪いですけど変人みたいな人もいますから(笑)」とユーモアたっぷりに話します。

佐々木勇気五段に30連勝を阻止され、公式戦初黒星を喫した藤井四段の師匠・杉本昌隆七段が「我々は半年間かけて壮大な藤井聡太物語の予告編を観ていたに過ぎない」と話していたことを受けて、直江さんも「本番はこれからです! 何せまだ14歳ですから、これからもっと強くなる。我々は、彼が数々の記録を打ち出していく歴史の証人になれるチャンスなんです」と熱弁を振るいます。

藤井四段の活躍を報じたニュースをきっかけに将棋に興味を持ったというたかみなですが「でも、いろんな駒があって解説を聞いてもルールがよく分からなくて……それでも将棋を楽しめますか?」と質問。

「全然問題ないです!」と力強く答える直江さんが紹介してくれた、ルールが分からなくても将棋が楽しめるキーワードは“観る将”“読む将”“遠征将”の3つ。

“観る将”への近道は、推し棋士を見つけること。
つまり自分では全く将棋は指さず、プロ棋士の対局を観て楽しむファンのことを言います。
推し棋士の見つけ方について「日本将棋連盟の公式サイトに棋士一覧ページがあります。自分好みの顔など、まずは顔から入れば大丈夫」だと直江さん。

そして、推し棋士が見つかったら、その棋士の公式戦の動画中継を観てみることから始めると良いそうです。対局中の駒を指すときの手つきや駒音など棋士によって全然異なるので、観方ひとつとってもその楽しみ方は無限大。
最近では、藤井四段の勝負めしがフィーチャーされたりしましたが、「将棋ファンにとって、棋士が食べたものは最大の注目コンテンツなんです」と注目すべきポイントは対局以外にもいろいろとあるそうです。

直江さんの話に、ぐいぐいと将棋の魅力に引き込まれていくたかみなは「私におすすめの棋士はいませんか?」と聞いたところ、何はともあれ藤井四段の対局に注目しつつ、そこから対戦相手へと徐々に興味を広げていくといいと直江さんはアドバイス。

さらに、直江さんは八王子出身のたかみなに「八王子には、あの羽生九段が子どものころに修行した『八王子将棋クラブ』という道場があって、そこは将棋ファンにとって聖地なんです。『八王子将棋クラブ』出身の棋士もいるので、まずは自分の地元から推し棋士を探してみるのもいい」とオススメしていました。

続いてのキーワード“読む将”は、将棋関連の本を読むこと。
やはりスッと入りやすいのは漫画だそうで、「3月のライオン」や「将棋めし」、さらにはテレビアニメ化が決定したライトノベル「りゅうおうのおしごと!」などを直江さんはオススメしていました。そのほか、「泣き虫しょったんの奇跡」や「聖の青春」など、棋士を題材にしたノンフィクションの作品も多く、「ものすごくドラマチックで、読むと絶対に涙すると思います」と直江さん。

こうした作品を通して、将棋や棋士の魅力にハマってしまう人が急増しているそうで「ファンの間では、これを“将棋沼”と呼んでいて、一度引きずり込まれたら最後(笑)。楽しい沼生活が待っていますよ!」と直江さんの猛アピールは続きます。

3つめの“遠征将”の楽しみ方は、将棋イベントに行ってみること。
将棋の普及活動として行われる「将棋まつり」が夏に各地で開催されるので、棋士と身近に触れ合える機会とあってビギナーにもオススメだそうです。

タイトル戦などでは、棋士がどんなおやつを食べたとか、どんなお昼ごはんを食べたなどが“中継ブログ”に掲載されるので、そのお店に行って推し棋士と同じものを食べるなど追体験をするのも“遠征将”ならではの醍醐味なのだそうです。

都内のオススメ“遠征将”スポットは、将棋会館のある千駄ヶ谷。王手守(棋力向上祈願のお守り)のある鳩森八幡神社、プロ棋士が対局のときによく出前を頼む蕎麦屋の「みろく庵」「ほそ島や」、鰻屋の「ふじもと」など、将棋めしの聖地巡礼も大人気。

さらに、最近子ども達に流行っている「どうぶつしょうぎ」を直江さんからプレゼント(しかもルールを考案した北尾まどか女流棋士のサイン入り!)されたたかみなは「ありがとうございます。完璧に私“沼”にハマっております!」と大興奮。「今日は楽しかった〜。まずは地元・八王子から推し棋士探します!」と興味が尽きない様子のたかみなでした。

直江雨続さんは、東京・四谷で毎週水曜日に「ねこまど将棋教室」で女性限定の将棋入門講座を開催しています。将棋に興味を持った方は、ぜひ門を叩いてみてください。

次週7月17日(月・祝)は、海の日で「これなに」はお休みですが、同日17時から「高橋みなみのこれからサマーソングBINGOでちゅー!! supported by マウスコンピューター」を生放送でお届け! エバンジェリストの西脇資哲さんをゲストに迎え、乃木坂46のメンバーも登場します。
オンエアを聴きながらスマホで参加できるビンゴゲームで一緒に遊びましょう!

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年7月21日 AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組ホームページ:http://www.tfm.co.jp/korenani/
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

関連記事(外部サイト)