“キョン”ってどんな技? ももクロが学ぶ「ボルダリング」の世界

“キョン”ってどんな技? ももクロが学ぶ「ボルダリング」の世界

“キョン”ってどんな技? ももクロが学ぶ「ボルダリング」の世界



ももいろクローバーZが贈る“教養エンターテインメント・プログラム”、「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」。毎週、さまざまなジャンルのプロフェッショナルの先生たちが登場して、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中! 2018年7月1日(日)の放送では「はじめてのボルダリング学」のハピクロ・アカデミーを開講! 先生は、プロクライマー・大場美和さんです。ユース年代で、日本およびアジアでの輝かしい成績を残す大場さんに、ボルダリングについて教えていただきました。
(ももいろクローバーZがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」2018年7月1日放送より)

◆ボルダリングは指の力が大事!

ボルダリングで主に使う筋肉は腕や指! 小さいものでは、わずか1センチ程度の出っ張りを素手で掴み登っていくそうなんです! 最終的に重要なのは単純に指の力なんですね。
クライミングの応援は独特で、競技の最中は「ガンバ!」と応援するそうです。大会では競技の直前までコースが見れないため、その場で見て登り方を決めて登る、瞬時の判断が必要とされます。しかも持ち時間は5分という短さ! 自分の順番がくるまではアイソレーションルームで情報がわからないように隔離されて、ウォーミングアップをして備えるんだとか。相当な集中力が必要ですね。







◆ボルダリングの基本技

大場先生から“ボルダリングの基本技”に関するクイズを出題していただきました!

Q. クライミングで膝を内側に入れて体を安定させる技があるのですが、それは何という名前でしょう?

1. キャン
2. キュン
3. キョン 

大場先生:普通登っているときって、カエルみたいな感じで膝は外側を向いていると思うんですけど。片方だけ膝を内股にして体を壁に近付けます。そうすると腕が楽になるので、持ちづらいときや、バランスが悪くても一手が出せるという技なんです。

かなこ:え〜、難しいな〜。

清野:では、百田さんから正解をお願いします!

かなこ:1番! やったことないんですけどイメージがあります。壁を登っているときって、誰も声をかけられることないんですよね?

大場先生:そうですね、基本的には1人で登っているので。

かなこ:あ〜、違いますね(笑)。いや、でも「キャン」でいきます!(笑)。

清野:続いて高城さん、正解をお願いします!

れに:私は2番の「キュン」です! 普段ガニ股っぽくやっているからこそ、内股に入れたときに“キュン”としそうだなって(笑)。キュンポーズみたいな感じだから、「キュン」にしました(笑)。

清野:では先生、正解をお願いします!

大場先生:正解は3番の「キョン」です!

かなこ:え〜〜〜!

れに:なんで「キョン」なんですか?

大場先生:なんでかは私もわからないんですけど、別名「ドロップニー」と言います。膝を落とすという意味ですよね。
お2人の意見を聞いてると、「キャン」とか「キュン」のほうがいい気がしてきました(笑)。

清野:これは基本技なんですか?

大場先生:そうですね、内側にすっと入れるだけなので最初のうちから自然にやっていたりしますね。

清野:じゃあ内股の人は向いているってことですか?

大場先生:そうですね、普段内股の人は「キョン」が得意ですね。

かなこ:あれ? 清野さん内股じゃなかったっけ?(笑)。

清野:違いますよ! それ人違いですよ!

れに:確かに、ちょっと内股だったかも!

大場先生:じゃあ、「キョン」得意ですね(笑)。

清野:先生も乗っからないでくださいよ!(笑)。





◆楽しくボルダリング体験!

9歳からクライミングを始めた大場先生ですが、ボルダリングをしていく中で、挫折や、苦しかったことはあるのでしょうか?

大場先生:9歳からやっているので、そのときは感覚で登っていたんですけど、成長期で急に身長が伸びたときに、それまで登っていた感覚と違ってきて。自分の体じゃないような感覚で、上手く登れなくて辛かったですね。

清野:いつ頃ですか?

大場先生:11歳くらいですね。本当に感覚だけで登っていたので、それが急になくなって。“どうやって登っていたんだろう?”みたいな感じでした。

れに:それはどうやって乗り越えたんですか?

大場先生:その状態の自分の体に慣れないといけないので、“とにかくたくさん登るしかないな”と思って、たくさん登って慣れていって、今の感覚を染み込ませていった感じですね。

れに:感覚って大事なんですね。

かなこ:感覚って人に伝えられないですもんね。

大場先生:そうなんですよ。教えるときでも「パッとやって!」と言っても、「それじゃわからないよ」って言われるんですけど、言葉で説明するのは難しいですね。

かなこ:スポーツ選手とかって、常に自分の体の変化に対応していかないといけないから大変ですよね。体重も筋肉量も変わってくるし。

大場先生:そうですね。女の子は特に大人になると体が変わるので、そういう時期はみんな苦労しますね。

清野:ボルダリングのジムでは教えてもらえたりできるものなんですか?

大場先生:初めて行くと、そのジムのインストラクターの方がルール説明をしてくれます。ルールは簡単なので、行った日から1人で登れるようになります。登れないルートが出てきたりして、つまづくときとかあるので、そういうときはジムの人に聞いたりして教えてもらいながらやるといいと思います。

かなこ:やってみたーい!

清野:百田さん上手そうですよね。

れに:前世、猿だもんね(笑)。

かなこ:おーい!(笑)。

れにちゃん、一緒に着いて来てくれる?

れに:私もやりたい! 体幹鍛えたいし、精神的に鍛えられそう。

かなこ:ね、登ることだけに集中できたりとかね。若い人は多いんですか?

大場先生:最近多いですね。大学生くらいの人たちとか、友達と一緒に来て楽しく登るっていう感じでたくさん来ているんですよ。






----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年7月9日 AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


〈番組概要〉
番組名:ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:毎週日曜 16:00〜16:55
パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/clover/

関連記事(外部サイト)